お気軽にお問合せください
建築家住宅を知る

建築家と家を建てるとは

建築家との家づくり

「建築家の家」と聞けば、ほとんどの方がまず「おしゃれな家」というイメージを頭に浮かべる思いますが、むしろ他のところに工務店やハウスメーカーの住宅との根本的な違いがあります。

工務店やハウスメーカーは設計と同時に施工(工事)も請け負いますが、価格に占める割合としては施工のほうが圧倒的に大きくなりますので、設計と施工のどちらが「主」でどちらが「従」かといえば、程度の差こそあれ施工が主にならざるを得ません。

あらかじめ規格が決められているハウスメーカーの住宅はもちろんのこと、工務店における設計も、その工務店のいつもの材料、得意な作り方に多かれ少なかれ左右され、純粋に設計を突き詰めることには限界があります。

一方、建築家は施工を請け負わない純粋な設計者として、規格や施工の都合と切り離して、設計図を描くことだけに専念することができます。

この違いは、本質的に大きな結果をもたらします。

それぞれのご家族のライフスタイルに合わせてゼロから設計した家は、そのご家族にとってこれ以上住みやすいものはなく、まさに「肌にしっくりとなじむ家」、「かゆいところに手が届く家」と言うことができます。

建築家で建てると、休日も家にいることが多くなってすっかり出不精になった、という話をよく聞きます。

また、もうひとつ建築家の役割として工事監理があります。

工事監理とは、建て主に許可を得た設計図面どおりに工事がされているかを確認する作業です。

工事監理者は法律で決められた役割ですので、ハウスメーカーや工務店で建てる場合にも必ず任命されますが、ハウスメーカーや工務店の場合は社内で工事監理者を任命する場合がほとんどですので、自社で自社を監理することになり、正常なチェック機能は働きません。

あくまでもその会社の良心の範囲において監理する、ということになります。

一方、建築家は建て主に代わって、施工に対しての外部者として監理を行います。

もちろん、建築家が工事監理に手心を加える理由はありませんので、工事に対する客観的なチェック機能が働き、工事のミスや手抜きを未然に防ぐことが可能になります。

なお、建築家で住宅を建てる場合の契約形態は、建築家と設計監理契約を、工務店と工事請負契約を別々に結ぶことになります。

サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します