お気軽にお問合せください
建築家住宅を知る

建築家と家を建てるとは

建築家の仕事

1.基本設計

設計契約を結ぶと、まず基本設計を行います。

この基本設計の段階は、住宅をつくる中でも最も大切なプロセスといえます。
基本設計では建て主のご要望や土地の条件を踏まえて、コンセプトや間取り、イメージなどの住宅の概要(プラン)を提案します。

もちろん、そのプランで住宅を建てるわけではなく、これをたたき台に、建築家は時間をかけて建て主と話し合い、少しずつプランを修正しながら、建て主にピッタリ合う住宅に仕上げていきます。

最終的に建て主が、プランを了解すれば、基本設計は完了です


2.実施設計

基本設計で完成したプランを基に、見積もりや工事が行える詳細な図面にしていきます。
ハウスメーカーや工務店が書く図面は10枚程度ですが、建築家の場合、50枚以上の図面を書くことも珍しくありません。


3.確認申請

建設予定地の役所に、その住宅が法律に適合しているかどうかを審査してもらい、建築の許可を得ます。


4.施工会社選定のお手伝い

最終的にどの施工会社に工事を依頼するかは建て主が決めますが、建築知識をあまりお持ちでない建て主に代わり、建築家が活躍します。

実施設計が終わり複数の施工会社に見積もりを依頼する場合、建築家は各施工会社から提出された見積書を詳細に検討し、その中から建て主にこれと思われる施工会社を推薦します。建築家は見積書を見れば、図面の意味を本当に理解しているか、建築家の設計で工事をしたことがあるか、どのくらいの技術を持っているかなど、建て主にはわからない多くの情報を読みとることができます。

金額の安さだけで施工会社を決めることは大変危険ですので、このようないろいろな要素を総合的に判断して、建て主に最終候補を推薦します。


5.予算の調整

施工会社から見積書が上がるまでは、その住宅の本当の値段はわからないわけですから、建築家は今までの経験からおおよそのコストを計算して、建て主の予算内に収まるように設計を進めていました。

実際に見積もりを取ると、経験が豊富な建築家の場合は建て主の予算から1割増くらいの金額が施工会社から提示されることが多いようです。
建築家は建て主に現実の見積もりを見てもらい、本当に必要なものとそうでないものを話し合いながら整理し、超過した分を予算内に収める作業を行います。


6.監理

設計と同じくらい大切な仕事が監理です。

監理とは、建て主が了解した図面通りに工事が行われているかをチェックしたり、図面に表せない細かい部分の仕上げ方などを施工会社に指示する仕事です。
せっかくいい設計ができたとしても、マメで適切な監理をしないと、思っていたものと違う住宅ができてしまうことになります。

監理は、建築家やその所員が実際に現場に足を運んで行い、完成・引渡しまで続きます。

サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
第13回若手オーディションエントリー受付中!
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します