お気軽にお問合せください
登録建築家

登録建築家

厳選された登録建築家達のご紹介
長谷川順持

長谷川順持

Junji Hasegawa
一級建築士(No.221943)

プロフィール

1962年、神奈川県出身。
武蔵工業大学建築学科卒。
連合設計社を経て、
1995年に長谷川順持建築デザインオフィスを設立。
東京都市大学(旧 武蔵工業大学)建築学科講師。
建築家住宅の会 理事。
趣味は音楽活動、美術鑑賞。

作品集

ウェブ上の写真は解像度が低いため、是非ザ・ハウスでオリジナルの作品集をご覧ください。

家づくりの考え方

住宅、集合住宅、インテリアデザインからオフィス、医療建築を含めた各種施設を常に「生活空間」という視点から発想。
住宅に限らず、その施設での「暮らし」を入念に調査することで、今までにはない新たな「生活空間としての建築」を浮かび上がらせる。

「住まい」に焦点を絞れば太陽や風というベーシックな「自然」を徹底的に観察し、「太陽と風」のバリアフリー化を計る。
あわせて丈夫で長持ちさせる技術的蓄積と「温かさ、涼しさ」を創出する経験的納まりから「温熱環境」のバリアフリー化にも取り組む。

低予算でも性能を落とすスペックダウンには妥協しない。

メッセージ

はじめて住まいをつくる方も何回目かの方も、これからつくる住まいは最後の住まいと思って、長く使える計画にしましょう。

そのポイント

1. 住まいづくりをする際、部屋名で要望を伝えない方がよい。「物」とか「部屋」とかに即さないで「こんなかっこうでくつろぎたい」という生き生きとした暮らしぶりを伝えること。するとイメージが萎まずに伝わります。
2. 構造体は木造でもRC造でも「外断熱」を中心に考えましょう。
3. 「結露」とりわけ「壁の中の結露」を起こさない方法に熟知した設計家、工務店を選びましょう。日本の風土における「長持ち」はこれが生命線。

サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します