お気軽にお問合せください
登録建築家

登録建築家

厳選された登録建築家達のご紹介

椎名英三

Eizo Shina
一級建築士(No.75840)

プロフィール

1945年、東京都出身。
日本大学理工学部建築学科卒。

宮脇壇建築研究所を経て、1976年に椎名英三建築設計事務所
設立。
日本大学理工学部建築学科講師。
日本建築家協会教育研修委員会委員。

趣味は旅行・ドライブ・天体観測・読書・散歩・サイクリング・映画・音楽・温泉・海に行く・F1・花火・ビデオ・カメラ撮影・料理。

作品集

ウェブ上の写真は解像度が低いため、是非ザ・ハウスでオリジナルの作品集をご覧ください。

家づくりの考え方

「住む」という言葉は水が「澄む」という言葉に通じ、清浄なる感覚が大切であると私は思います。そして、そのことは躍動感を失うことを意味してはいないのです。

老子は「建築の真実性は、屋根や壁や床といった物にあるのではなく、それらによって囲まれた住まわれるべき内部の空間にある」と云いました。

住まいにおける豊かさも又、色や形や材料を越えて現れ出ずる空間の素晴らしさにあります。それは測り得ない世界に属しています。

人間の存在も測り得ないものです。美も又、測り得ないものですが美しいものを目指すことは人間にとって大切な仕事ではないのかと私は信じています。

住まいの空間を通して宇宙自然の大いなる拡がりへと連続したいと思います。太陽、月、星、銀河、青い空、白い雲、雨、風、水、火、動物、植物等々と共にあって、空間を感じる歓びを体験していただきたいと私は思うのです。

そしてこれらのことは測り得る世界(機能・構造・色・形・設備・色・材料・ディテール・工期・工費等々)を確実にクリアーした上で語られるべきものではあるのですが、それを踏まえた上で本当に大切なことであると私は思っています。

メッセージ

住まいとは、ある意味で建て主の方の自己実現の場であると私は思います。そこに、夢や希望や願望といったことを託すことがすごく大切です。それこそが素晴らしい住まいを創りだす原動力だからです。

そして素晴らしい住まいに住むということは、私達が今生きているという確信を与えてくれるものであり、生きる歓びそのものであります。

そのような住まいを建築として現実化するということは、私の歓びでもあります。私が最も大切にしている考え方は「自然の感覚」というものです。それは「そこにそれがあってしかるべき感覚」といったらいいのでしょうか。

人間は地球上に於いて唯一「不自然」という概念を所有している生物といえるでしょう。その「不自然」さが文明を創出したといえます。しかし、その文明のあり方は「自然さ」を持つことが大切なのだと私は思うのです。

住まいも又そのような「自然の感覚」を携えてありたいと思います。

そのような「自然の感覚」を携えた住まいは、あなたの大いなる味方であり、あなたが生きていることを祝福し、喜怒哀楽をあなたと分かち合い、あなたと共に生き続けるような建築であると思います。

私は自分にその資格があるかどうか分かりませんが、人を祝福したいという気持を抱いている自分に気付くことがあります。

生きていると本当にさまざまなことがありますが、私はYES!大丈夫!!といいたいのです。

サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します