ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅

神奈川県川崎市A邸

建築家:彦根アンドレア

家を建てるにはまず住宅展示場に行くものだと考えていたAさんは、展示されている家を見て「自分達らしい家とは?」という疑問が湧き上がり、その解決の糸口を見つけようと、2002年11月ザ・ハウスに来店されました。
建築家に依頼することを決心したAさんに、建築家・彦根アンドレアさんは、趣味を通して家族や友人との繋がりを大切にしていたAさんの今迄の生活をより充実させたものにしたいと、用途に応じた多目的な使い方が出来る広いフリースペースを持つ住宅を設計し、この住宅は2004年3月に完成しました。
成功の秘訣は「何を建てるか」ではなく「誰と建てるか」を考えたこと、とおっしゃるAさんにお話しを伺います。
家を建てようと思った経緯は?

結婚して約6年間は、今の新居から歩いて5分程離れたマンションに住んでいました。家づくりを決心したのは、二人目の子供が誕生して何かと手狭になってきたことが一つ。また、自分は長男であり、いつかは実家の近くに戻るつもりであったこともきっかけになりました。


当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

初めは夫婦共に、「家を建てるといったらまず『住宅展示場』に行くんじゃないの?」といった程度の知識しかなく、足を運んだ住宅展示場で何社かのハウスメーカーの方のお話をうかがいました。
ところが、話を聞けば聞くほど、それぞれのメーカーの住宅について「自分達の生活に何が合って、何が合わないのか」「自分達の希望は何なのか」といったことが分からなくなり、結局、計画が行き詰ってしまいました。
神奈川県川崎市A邸/彦根アンドレア設計
そこで住宅建築関係の雑誌を読み始めたのですが、読んでいくうちに、建築家に直接自分達の希望を伝えて、設計・監理をお願いする方法があるということを知りました。また、建築家を多くのデータベースの中から紹介してくれる「ザ・ハウス」のような所があることも分かりました。

我々もすっかり煮詰まってしまっていたので、頭の中をリフレッシュさせる為にも「ザ・ハウス」でお話を聞いてみようかということになりました。


建築家・彦根アンドレアさんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

ざっくばらんに次のような希望を伝えました。

・夫婦共に趣味が音楽と料理ということもあり、それらの趣味を通じて家族や友人達と楽しく過ごせる家が欲しい
・子供のために、健康に害を及ぼさない建材を利用して欲しい
・計画地が幹線道路沿いの為「外に閉じて内に開いている」イメージであること
・クラシックだけれどモダンでシンプル、白い壁と木の床が望ましい
・古くなっても美しく味わいのある家であること
神奈川県川崎市A邸/彦根アンドレア設計 実際に生活していかがでしょうか?

妻は最初に頂いたプランを見て「これしかない!」というほど気に入っていました。
その後、細かな変更はそれなりにありましたが、結果的には希望(我々が希望を述べるというよりもアンドレアさんが先回りして提案してくれることの方が多かったですが・・・)が全て満たされた家になりました。

気に入っている処、勿論たくさんあります。
ダイニングキッチンから庭を見渡すことが出来てとても気持ち良く、階段は吹き抜けで2階にいる子供達が何をしているのか、離れていても気配で感じることが出来ます。
玄関ホールは、テーブルを出してパーティーをしたり、子供たちのプレイスペースになったりと大活躍しています。また、選んで頂いた無垢のメープルのフローリングは、裸足で歩くことの気持ち良さを感じさせてくれました。
ザ・ハウスを利用しての感想は?

私達の話を聞いてくれた担当者の方の施主と建築家との相性を見抜く目は素晴らしいと思います。今は、我々を繋げてくれた「めぐり合わせの不思議さ」を感じています。
これから建築家と家を建てる方に一言

ザ・ハウスに建築家探しを手伝ってもらったら、その先は建築家の方を信頼して、具体的・抽象的の区別なく、希望は全て伝える事が大事だと思います。自分の趣味や好きな映画、本の話題といった雑談のような事柄を積極的に話してみるのもお勧めします。一通り希望を伝えたら納得がいくまで話し合い、出てきた疑問はその都度、遠慮なく確認して理解を深めることが大切なのだと思います。

話し合いの段階で出した要望については、優先順位を明確にする事も計画を整理していくのは大事です。その為には、今までの自分達の生活をよく振り返り、守っていきたい点、改善したい点を振り返る事が効果的だと思います。

そして何より建築家の方との家づくりを一緒に楽しんで下さい。
本当に必要な条件が充たされるなら、建築家からの興味ある提案、面白そうな提案については、積極的に乗せられてみると満足のいく家が出来ると思います。
神奈川県川崎市A邸/彦根アンドレア設計
彦根アンドレア 建築家・彦根アンドレアさん
のインタビュー
はじめにAさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

音楽室のお話がとても印象的でした。とにかく普通のプログラム(部屋の組み合わせ)ではないので、とても面白そうだと思いました。予算的に、当初の構想のままでは少々厳しい印象でしたが、そこは計画の中で解決していけばいいですからね。
具体的にはどのようにご要望に応えていったのですか?

生活のシーンとして色々なご要望が出ていましたので、これに対して単一の目的を持った部屋ではなく、つなぐ空間を利用するご提案をしました。

決まりごとのない、無目的なフリースペース。具体的には、大きな玄関ホールから半階上がったステージのような踊り場、そして2階の渡り廊下に繋がるテラスまでの部分です。工事が終わった時、このスペースで竣工パーティーを開いてくださいました。
A邸の形をした特注ケーキがとても印象的でした。
神奈川県川崎市A邸/彦根アンドレア設計

竣工パーティーにて

神奈川県川崎市A邸/彦根アンドレア設計

撮影:ヒコネアンドパートナーズ

Aさんとのお打ち合わせはいかがでしたか?

非常にプロダクティブな打合せでした。Aさんはお打合せの内容を深くご理解下さり、よく考えて的確な御判断を頂くという、理想的な展開でした。

これから建築家と家を建てる方に一言

同じ目標を持つチームになりましょう。



所在地:神奈川県川崎市
設 計:(株)彦根建築設計事務所
施 工:(株)島田伊工務店
竣 工:2004年3月
敷地面積:175.83平米(53.28坪)
延床面積:147.99平米(44.85坪)