ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅

東京都世田谷区A邸

建築家:彦根 明・アンドレア

家づくりへの情熱とは裏腹に計画がなかなか進まなかったAさんは、2001年6月にザ・ハウスに来店されました。
土地探しからザ・ハウスがお手伝いをさせていただき、1年半後に土地を購入。
間口が狭く三方向を建物に囲まれているというプライバシー保護の観点からも決して恵まれているとは言えない土地に、建築家・彦根 明・アンドレアさんが外側からではなく中庭から採光する住宅を計画。
2002年12月に完成し、2003年度のグッドデザイン賞を受賞しました。
家を建てようと思った経緯は?

2人で家を持ちたいという気持ちが強まっていたのと、将来は親と同居することも考えていましたので家づくりに踏み切りました。

それまで住んでいたマンションの価値が下がっていたし、正直あきらめかけていた時もあったんですが、マンションのローンの融資先を公庫から銀行に借り換えた事で資金に見通しがたち、「いけるかも!」と踏み切れるきっかけになりましたね。


土地を決めた理由は?

ザ・ハウスの提携不動産コンサルタントに土地を探してもらって、最終的に間口の広い整形地と、この土地のどちらにするか迷いました。そこで2つの土地を彦根さんにみてもらい、間口が狭く3方向が建物に囲まれた悪条件の土地の方が、値段も安いしおもしろい家が建つとアドバイスいただいて決めました。
東京都世田谷区A邸/彦根 明・アンドレア設計
当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

ハウスメーカーでも検討しましたが、間取りが夫婦に子供2人という設定のようで、夫婦2人の私たちにはしっくりこなかったんです。それなら納得できるデザインやクオリティーを持った家にしようと思って、建築家にお願いしようと決めました。


建築家・彦根さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

間口が狭くて、3方向に建物がせまっているような土地でしたから、この悪条件でも広くみえるようにお願いしました。
それから光と影のコントラストがあって凹凸のない家にしてもらいたいと言いました。
間取りなどは大まかにしか言ってませんし、イメージをたくさん伝えるようにしました。そのイメージを彦根さんが整理してくれて具体的な形にしてくれたんですね。
東京都世田谷区A邸/彦根 明・アンドレア設計 実際に生活していかがでしょうか?

満足の一言ですね。
はじめはプライバシーを守るために、本当に窓が外から見えない家で大丈夫なのかとも思いましたが、出来上がったら風通し・日当りもよかったですし。

主人はデザインに携わる仕事柄、デザインやアイデアを彦根さんと考えて家づくりできた事で本当に満足しています。
私はキッチンに天窓をつけたかったけど、彦根さんに反対され断念。でも、今になって付けなくてよかったと思っています。天窓は光が入るけど、暑いんですよね。反対してもらってよかったと実感しています。
これからも生活の中で、もっと細かい発見があって満足していくでしょうね。
ザ・ハウスを利用しての感想は?

ありがたかったですよ。
「家づくり」って楽しい反面、色々とたいへんで決める事も多いのにどこに相談していいのかわからない。そんな時に、ザ・ハウスをみつけたんです。白紙の状態から、土地探し・資金計画・建築家の紹介とお世話になりました。

土地探しの期間は1年半でした。ザ・ハウスで1番長いそうで、今も記録は破られてません。長い期間よく付き合っていただいたと思います。


これから建築家と家を建てる方に一言

竣工した後でも建築家・施工会社とは付き合いが続きます。だからこそ建築家とのフィーリングを大切にする事をお進めします。
作風も選ぶ時の大事な要素ですけれど、個人にあわせて話を進めてくれるか。とにかく何回か話してみて、これから「家づくり」を一緒に楽しんでいける建築家かどうか決める事だと思います。
彦根 明・アンドレア 建築家・彦根 明さん
のインタビュー



はじめにAさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

ちょっと失礼かもしれないけれど、ご夫婦のやりとりが夫婦漫才のようで面白かったです。
「家づくり」への思いが強い旦那様をたしなめる奥様。本当に絶妙なバランスでしたよ。「私も一緒にこのプロジェクトに参加したい!」と思いました。
東京都世田谷区A邸/彦根 明・アンドレア設計
実際にはどのようにご要望に応えていったのですか?

平面計画に対するご要望もありましたが、とにかくイメージを大切にされる方でした。模型やスケッチなどを使って、「どこに立つとどう見える」といったお話が多かったですね。
大きなテーマは「密集地にありながらカーテンのいらない開放的な住空間」「間口が狭い土地でも、どっしりと印象的な外観」だったのです。これを実現させる為に、外観にはほとんど窓をなくしてプライバシーを守り、その代わりに中庭をつくることで明るく開放的な空間をつくる事ができました。


Aさんとのお打ち合わせはいかがでしたか?

旦那様はテレビ会社の美術プロデューサーでご多忙でしたので、最初のご提案以降はFAXで図面のやりとりも多かったですね。お会いすると最長8時間に及ぶ濃密な打ち合わせもしましたよ。メールでの討論も非常に有意義でした。

お施主さんによってこだわる事・気になるポイントは様々ですから、Aさんの奥様は仕上げ材料に対する肌触り試験(通称ももチェックって呼んでいたのですけど)をなさいました。今までの中でも特徴的で、とても楽しい打ち合わせだったと思います。
東京都世田谷区A邸/彦根 明・アンドレア設計

撮影:ナカサアンドパートナーズ

これから建築家と家を建てる方に一言

自分たちのために家を建てる事は、ライフスタイルを考え、形にしていく作業です。一番大切なのは相性のあうパートナーとしての建築家をみつける事です。
あとはパートナーに好きなもの・嫌いな事・感覚的な嗜好・わからない事・不安な部分など、全てを伝えて信頼関係を築くように心がけてみてください。

それから「家は完成した時がはじまり」という意識を強くもっていただければと思います。建て終わるまでに全部解決しないといけない、という脅迫観念にとらわれがちですが、「住み始めてから考える。」「少しずつゆっくり自分たちの家らしくしていく」という気持ちが大切ですね。あまりその時の感覚で作り込みすぎると、後から融通がきかない上に飽きてしまう事もありますから。「少し愛して、永く愛して」いければ最高です。

所在地:東京都世田谷区
設 計:(株)彦根建築設計事務所
施 工:渡邊技建(株)
竣 工:2002年12月
敷地面積:111.91平米(33.85坪)
延床面積:105.69平米(31.97坪)