ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅

大阪府東大阪市K邸

建築家:林 雅子

友人の勧めで建築家との「家づくり」を決意されたKさんは、2003年2月にザ・ハウスに来店されました。北面のすばらしいロケーションを活かした住宅は、建築家・林 雅子さんの手によって2003年12月に完成。
数年間の土地探しの末に、念願の新居を手に入れたKさんにお話しを伺います。
家を建てようと思った経緯は?

以前はマンションに住んでいたのですが、父の体調が思わしくなく、一緒に住むための家を建てたいと思ったのがきっかけでした。

土地を持っていなかったので、まずは土地探しから始めました。決まるまでに3年弱掛かりましたので、残念ながら父と同居する希望はかないませんでしたが、共働きをしている私たちにぴったりの条件の土地を見つけることができました。


当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?
大阪府東大阪市K邸/林 雅子設計
最初は住宅展示場に見学に行きました。気に入ったハウスメーカーが見つかったので計画を進めたのですが、当初の予定より予算がどんどんオーバーしていってしまい、納得できないことが多かったので、どこに依頼をするのかをもう一度検討し直すことにしました。

そして、建築家で家を建てたことがある友人から、「同じお金を出しても全然違う家ができるから」とアドバイスされ、建築家に会うことにしました。お会いしてみると、私たちが悪条件だと思っていた北向きという土地の条件でも、快適な家をつくることができるというお話しがあり、それならばと建築家に依頼をすることに決めました。
でも、結局その建築家の方は東京在住の方でしたので、お願いするのは心苦しく思い、私は大阪で建築家を探すことに決めたんです。
建築家・林 雅子さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

ハウスメーカーと計画を進めていた際には、打ち合わせの度にどんどん金額が追加されて行った経験がありましたので、まずは予算にこだわってお話しをしました。そして、広さです。とても荷物が多いので収納をたっぷりとって欲しいと希望しました。

友人から「建築家にお願いするなら、打ち合わせにたっぷり時間をとって、ああでもない、こうでもないと打ち合わせすることが醍醐味なのよ」と言われていたのですが、子供の転校の問題があったのでスケジュール的にもご無理をお願いしてしまいました。打ち合わせの時間をたっぷり取ることはできませんでしたが、林さんは要望を1つ伝えても3、4と汲み取っていただけたので短時間に伝えることができました。こうして打ち合わせがスムーズに進んでいったのも、相性かなと思いました。
大阪府東大阪市K邸/林 雅子設計 実際に生活していかがでしょうか?

とてもバランスよく考えていただいたと思います。私は仕事柄、住宅の取材に行く機会が多く、一般の方に比べて知識も豊富だと思っていました。
しかし、自分の家だと思いつめてしまって客観的に判断することが難しく、結局あれもこれもやりたいとなってしまいました。
林さんには、要望を整理をしながら納得がいくまで話をしていただきました。やっぱりプロだなあーと思いました。

ここにこんな棚があればいいなあと思った細かい部分まで叶えてもらい、オーダーメイドの家を建てることができたと満足しています。
ザ・ハウスを利用しての感想は?

私にとって建築家の方は、敷居が高く、気難しいイメージがありました。でも、お見合いの場では、第三者に立ち会っていただき、とても安心感がありました。
建築家を選ぶ時には、作品や写真だけではなく、個々の建築家の性格や特徴を説明してもらえたので、とても分かりやすかったです。


これから建築家と家を建てる方に一言

建築家との相性がやはり大切です。嫌なことは嫌だと言える関係がでないとストレスが溜まってしまいます。
ハウスメーカーの営業マンなら、ニコニコしながら上手くまとめようという感じで妥協点を探してくれますし、希望したものは全て叶えてくれますが、それは全てお金に跳ね返ってきます。建築家との家づくりは妥協せず、納得がいくまでお互いの意見を交換してつくっていけます。これを乗り越えていくには、建築家との相性が良くないと無理だと思います。
林 雅子 建築家・林 雅子さんのインタビュー
はじめにKさんとお話しして、どんなことをお感じなりましたか?

ハウスメーカーをキャンセルされた経緯がありましたので、実現可能なプランを提案し、予算内でKさんが納得できる家を造っていかなければと思いました。


具体的にはどのような形でご要望に応えていったのですか?

北面のすばらしいロケーションを活かし、南面の日当たりの悪さを克服したいとのご希望でしたので、リビングの北面に大きな窓を設け、お風呂からも北面のロケーションが楽しめるようにしました。
打ち合わせを進めて行くうちに、建物に対するイメージがかなり変わってこられたのですが、Kさんが何を求めていらっしゃるのかを探りながら、ご要望にはできるだけ答えて行くという姿勢で打ち合わせを重ねていきました。
大阪府東大阪市K邸/林 雅子設計
収納にもこだわっていらっしゃったので、できるだけ収納を設け、壁際収納や階段下などの工夫もしました。それでも、まだまだ収納が足りず、現在の荷物を整理することも無理だということになって、最後にはロフトや納戸も収納にしました。ご要望に答えていくと、どんどん面積が増えていき、予算オーバーの恐れがありましたので、常に予算とプランを連動させながら、実現可能なプランを考えていきました。
大阪府東大阪市K邸/林 雅子設計 Kさんとのお打合せはいかがでしたか?

当初ご主人は「家づくり」にはあまり時間を掛けたくないとおっしゃっていましたが、打ち合わせやショールームの見学、現場での打ち合わせなどにも積極的に参加していただけたので良かったです。


これから建築家と家を建てる方に一言

「こんな家が欲しい」という要望がはっきりしている方、「建築家にお任せします」という方は、家づくりがスムーズに進むと思います。
ご自分の考えはまとまっていないけど、建築家に全て任せるのもためらうという方は、ご家族でじっくり話し合い、要望に優先順位を付けていく作業が必要だと思います。


所在地:大阪府東大阪市
設 計:林建築設計室
施 工:(有)旭工務店
竣 工:2003年12月
敷地面積:220.69平米(66.75坪)
延床面積:132.59平米(40.10坪)