お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
潔く、男らしい家。
東京都世田谷区S邸 設計監理:彦根明・アンドレア
坪単価 84万円

家族が増えたことを機に「安心して暮らせる住環境を」とマンション生活からの住み替えを検討したSさん。ピッタリの建築家を求めてザ・ハウスご来店いただいたのは2012年1月のことでした。 「男らしい家にしたい」。そんな依頼を受けた建築家・彦根 明さんは、表面的な装飾よりも本質的な考え方に重きを置いた住まいを提案します。 プライベートな空間とパブリックな空間をはっきりと分け、素材も空間の特徴に合わせてタイルや木材を潔く選択。年を経て使われていくことで重みと暖かさを増していくような、まさに「男らしい家」となったお住まいは? Sさんにお聞きしました。

家を建てようと思った経緯は?

これまでは利便性を重視した都心でのマンション生活でしたが、子供を授かったことを機に「今後の生活スタイル」を真剣に考えるようになりました。

そこで「安心して暮らせる住環境を」と住まい探しが始まったのです。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

正直、当初は白紙でした。知人のアドバイスや自ら情報収集を行った結果、「自分たちの要望がダイレクトに反映できるのは建築家との家づくりではないか」という考えに至りました。

また、納得いく家づくりを行うためにも信頼のおける方と、腰を据えてじっくりと時間を費やして進めてゆく必要があると感じました。

建築家・彦根 明さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

私:部屋と部屋とは極力、仕切らずに緩やかにつながった空間にしたい。

妻:キッチンを大切にした暮らしがしたい。「男らしい家」にしたい。

この「男らしい家」というフレーズは彦根さんに後々まで気に入って頂きました(笑)
その他、家相などの要望もお伝えしました。

実際に生活していかがでしょうか?

木々の呼吸と温もりを感じ、総合的に満足しています。

モノや情報にあふれる現代だからこそ、せめて家にいるときは「シンプルな生活」を継続させたいと思います。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

マッチングのプロとして、施主サイドの立場できめ細かい対応をしていただけました。

我々の場合は彦根さんのご活躍は既に認知しており、決断も比較的に早かったと思いますが、専門知識のない方でも、必ず希望に沿った方へと導いていただけるはずです。

これから建築家と家を建てる方に一言

通常、建物は時間の経過とともに朽ちていきます。
材料が人工素材中心の家は確かに機能的で便利ですが、それらは次第に劣化の一途をたどります。
しかし、天然素材重視で建てた家は、それらはやがて「風化」していき良い味となり風格を増していきます。
今回の家づくりを通して、彦根さんからそのようなことを多く学んだ気がします。

建設地:
東京都世田谷区
竣工日:
2013年6月
設 計:
彦根明・アンドレア
施工会社:
渡邊技建株式会社
構 造:
木造
敷地面積:
183.33平米(55.5坪)
施工床面積:
129.4平米(39.1坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
本体価格:
3,270万円(坪単価/84万円)
撮 影:
彦根明(HIKONE&PARTNERS)

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。