ザ・ハウスで建てた家
デッキでの朝食が美味しい家。
長野県北佐久郡Y邸 設計監理:山嵜 雅雄

賃貸にお住まいだったYさん。いつかは「自分たちの好きなものや空間に囲まれながら豊かな暮らしがしたい」と思い、ザ・ハウスに来店されたのは2013年7月のことでした。 「大事なところは残す、いらないところは削るといったバランスを建築家にコントロールしてもらうことで、とても満足のいく家を建てることができました」とおっしゃるYさんにお話しを伺います。

家を建てようと思った経緯は?

賃貸アパートに住んでいましたが、やはり内装や建具などが好みのものではなかったので、できれば自分たちの好きな家に住んでみたいと思っていました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

建てたいと思っていた場所は法規的な制限が少なく、比較的自由度の高い土地だったので、建築家さんにお願いしたほうが面白い家になるのではないかと最初から考えていました。

建築家・山嵜雅雄さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

窓が大きく、天井の高い解放感のある家にしてほしいと伝えました。
また、寒い地域なので「断熱材・ペアガラスを使用した暖かい家」というのは譲れない希望でした。山嵜さんは寒冷地での実績がたくさんおありでしたので、安心してお任せできました。

実際に生活していかがでしょうか?

大きな窓から長野の自然を臨み、ウッドデッキに座ってご飯を食べるのが楽しいです。これまでのアパート生活とは違い、隣の家に気兼ねすることなく、落ち着いた気分で暮らせています。
内装、建具、そして間取りなど、自分たちが選んで希望したものなので満足度が高いです。また、生活の変化に合わせて収納棚などの細かなところを変えられるのも、持ち家ならではだと思います。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

注文住宅に興味がある人はたくさんいると思いますが、いきなり建築家さんの事務所の門を叩くのはかなり勇気がいると思います。ザ・ハウスさんに家の予算や建築家さんの人柄などを相談してから建築家さんとお会いするので、安心して家づくりに臨むことができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

注文住宅が増えて、個性的な楽しい家が増えることは嬉しいことだと思います。

注文住宅は値段が張りそうなイメージがありますが、自分たちにとって譲れない箇所を大事にし、思い切って不必要な箇所は削ってしまえば、案外リーズナブルかもしれません。

私たちも理想と予算のバランスには最後まで悩みましたが、でき上がったお家にはとても愛着がわいています。かんばってください。

建設地:
長野県北佐久郡
竣工日:
2014年2月
設 計:
山嵜 雅雄
施工会社:
(株)ゲストハウス
構 造:
木造
敷地面積:
425.22平米(128.6坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
Atsushi U