ザ・ハウスで建てた家
解放感とプライバシーが共存する家。
東京都国分寺市N邸 設計監理:石井 秀樹

海外滞在中に招かれた友人のライフスタイル、家の在り方の違いに大きな影響を受け、帰国したら自分たちらしい家を建てたい、と思いを募らせたNさん。思いを建築家と共有した上で得た答えは、プライバシーと共存する解放感でした。Nさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

仕事の関係でスイスに1年間、家族で滞在しました。その頃に知人に招かれた家が大きな湖を望む高台にあり、見晴らしがよく開放感のあるマンションで、これまで経験してきた日本での暮らしとの大きなギャップを感じました。こういった家だったら、家に早く帰りたいと思うだろうし、仕事もがんばれそう。家族とも有意義な時間を過ごせるだろうな、と思わせる家でした。そこで、日本に帰国したら、家を建てたいと思うようになりました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

当初から建築家に依頼しようと考えていました。

それまで住んでいた家は建売物件で、立地も隣家がひしめく地域でしたので、建売や条件付き物件では望むような家にはならないのではないかと考えたからです。

建築家・石井秀樹さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

・開放感がありつつも、外部からのプライバシーを守れること
・家族が集うリビング・ダイニングを開放的にしたい
・子供が遊べるスペース(中庭のような)があると嬉しい
・子供の勉強するスペースはリビング・ダイニングにして、子供部屋を最小限の広さにすること(籠らないようにする)
・お風呂、寝室などはリビング・ダイニングとは別に、プライバシーを確保すること

などです。

実際に生活していかがでしょうか?

アウターリビングを設けることで、リビング・ダイニング・キッチンスペースが外に向かって広がりを感じられる空間になっており、非常に開放感があります。また、アウターリビングには外部の視線を遮断する壁もありますので、プライバシーが確保されている安心感があります。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

たくさんの建築家の作風、特長を比較しながら、自分たちにあった建築家・作風はどなたかじっくり探すことができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

私の場合、たくさん打合せをして、建築家の方は施主の望むことに多様なアイデアで対応下さいました。また、土地を探す段階からご協力いただき、大変助かりました。

生活スタイル、望むこと、嫌なことを建築家にオープンにすることが、望む家に近づく重要なことと思います。

建設地:
東京都国分寺市
竣工日:
2016年3月
設 計:
石井 秀樹
施工会社:
株式会社栄伸建設
構 造:
木造
敷地面積:
116.76平米(35.3坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
鳥村鋼一