ザ・ハウスで建てた家
四季の訪れを感じる家。
東京都武蔵野市Y邸 設計監理:小野 喜規
坪単価 79万円

家への関心を募らせていた海外在住のYさんは、帰国のタイミングで本格的に家づくりを開始されました。完成した家は昼夜問わず庭やアプローチの木々から四季の訪れを感じることができると言います。暮らしを楽しむYさんにお話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

以前から一戸建てに関心があり、住宅雑誌を読んでイメージを膨らませていました。ちょうど海外駐在が終わり、帰国したタイミングで具体的な行動を始めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

細部にわたるまで明確な希望があったこと、恐らく人生で一度の機会でもあることから、建築家の方に依頼するつもりでした。

建築家・小野喜規さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

まず最初に賃貸併用住宅の計画をお伝えしました。
また、前もって自分の理想に近いデザインの画像などを保存していたので、印刷してお渡ししました。外構の希望も同時に伝え、調和が取れた設計をお願いしました。
併用住宅にしたことで様々な制約がありましたが、お伝えした希望はほぼ叶えていただきました。

実際に生活していかがでしょうか?

毎日、木々の間を通っての玄関までのアプローチを楽しんでいます。
夜に庭のマリンライトに照らされて浮かび上がる木々、壁に映る樹影が揺れる様が素敵です。リビングや玄関にはガラスの開口部があり、そこから自然と庭の緑が目に入り家の中から四季の訪れを感じることができます。
大きい開口部があるにも関わらず、隣家からの視線が気にならないように窓が配置されているのでくつろげます。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

施主と建築家との間の相性は実際に会ってみないと分からない面もありますので、複数の建築家と面談する機会があるザ・ハウスのサービスは素晴らしいと思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家は施主の要望やイメージを一緒に"形"にしてくれます。
デザインの種となる自分達が気に入ったものをスクラップブックなどにまとめておくと良いと思います。

建設地:
東京都武蔵野市
竣工日:
2016年12月
設 計:
小野 喜規
施工会社:
渡邊技建株式会社
構 造:
木造
敷地面積:
120.62平米(36.5坪)
施工床面積:
101.4平米(30.7坪)
生活スタイル:
併用住宅
本体価格:
2,437万円(坪単価/79万円)

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。