お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
暮らし方をそのまま形にした家。
兵庫県西宮市K邸 設計監理:中平 勝
供ができて手狭になったこと、家を手に入れるなら長期の住宅ローンが組める35歳くらいまでの方がよい。との思いがきっかけで家づくりのスタートを切ったKさんは、土地が未確保の段階でザ・ハウスの存在を知って2004年8月に来店されました。

そこで建築家・中平 勝さんに出会います。1400万円工事費という条件の中、ただただ正直に自分達の暮らしぶりを話した結果、納得のいく家が出来上がったと話すKさん。

さて、Kさんはどのようなお話をしたんでしょう?建築家・中平 勝さんはどのように応えたのでしょう?早速お話をお伺いしてみましょう。

家を建てようと思った経緯は?

結婚当初から賃貸のアパートを終の棲家にするつもりはありませんでしたので、いつかは持ち家がほしいと思っていました。

子供もできたので手狭になっていたことから引っ越そうということになり、その後、”家を買う”なら長期の住宅ローンが組める35歳くらいまでのほうが良いという話になり、折角なので・・・と、気がつけば私たちの意見が”家を建てる”ということで一致していました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

周辺の環境を考慮して家を建てるのであれば、それを意識している建築家の方に依頼するのが一番良いだろうと考えていました。

光も風も入らない所に設けられた大きな窓であったり、一日中日陰になるベランダであったり・・・。そういったことが無いようにと考えると、自然と建築家の方に依頼する考えになりました。

ただ、どうすれば意中の建築家に出会えるのかが大きな問題でした。
(その後、”ザ・ハウス”さんにお願いすることにより解決できましたが)

建築家・中平 勝さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

・自転車の整備や、スキー板のワックスがけが出来る程度の土間スペースとそれに面した収納。
・日常の洗濯物と同時に布団も干せるスペース。
以上を踏まえたシンプルで機能的。採光と通風が確保された丈夫で快適な空間をもつ家と希望しました。

この他は中平さんとの打ち合わせという雑談のなかで勝手に決まっていったという印象です。振り返ると、基本設計前はあまり具体的な内容ではなく、中平さんと私たちのイメージの確認作業が主だったように思います。

実際に生活していかがでしょうか?

まずこの家のそこかしこにある視界の抜けが想像以上に快適です。

家の中だけにとどまらず、庭の緑であったり、青空・星空であったりと家の外まで広がります。

そして、床や壁に反射した光がやんわりと家中を包んで、窓をあけると風が抜けていきます。この住空間を手に入れることこそが、私たちの目的でしたので大満足です。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

その頃私たちは家をたてる土地も確保できていない状態で、”ザ・ハウス”の存在を知りました。

早々に伺いまして、中平さんを紹介して頂き、さらに担当者の方にはその後も折に触れ様々な相談をさせて頂きました。身近に建築・不動産関係の知り合いがいない私達にとって、”ザ・ハウス”は善意ある第三者として心強いものでした。

これから建築家と家を建てる方に一言

技術的な話は建築家にお任せでよいのではと思います。意匠に関しても結果的にはほとんどお任せだったと思います。

ただただ自分たちの暮らしぶりをさらけ出した結果、納得のいくものが出来ました。それらを受け入れてくれる建築家が、その人にとっていい建築家だと思います。

所在地:兵庫県西宮市
設計:中平勝建築研究所
施工会社:(有)渡辺工務店
竣工日:2005年12月
敷地面積:95.83平米(28.99坪)
延床面積:85.75平米(25.94坪)
撮影:杉野 圭
サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します