お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
自然エネルギーを活かせる家。
東京都新宿区M邸 設計監理:並木秀浩
ずれは実家に戻ろうと考えていたMさんの家づくりがスタートしたのは、お子さんの小学校入学時期、そして奥様の育児休暇明けのタイミングが近づいてきたことからでした。

増改築という制約のなかで自分達には想像もできないプロのデザインや工夫を求めてはじめから建築家に依頼しようと決めていたMさんは、ザ・ハウスに2005年1月にご来店されました。

Mさんが建築のお仕事に携わっていることもあり、明解なご要望をてきぱきとお話されたことが印象的だった、と建築家・並木秀浩さん。何度も打合せを重ねたことで、希望の多くが盛り込まれた家に大満足のMさんにお話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

郊外の賃貸住宅に住んでおり、いずれは実家に戻るつもりでいました。

上の子供が小学校にあがる前に、ということと、妻の育児休暇があける一年前には家づくりをスタートさせたかったというのが、今回の実家の増改築をするタイミングになりました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

増改築なのでプラン上の制約もあり、ハウスメーカーなどでは対応しきれないと考えていたことと、自分達には想像できないプロとしてのアイデアやデザインなどの工夫や提案もしてほしかったので、はじめから建築家に依頼しようと思っていました。

建築家・並木秀浩さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

必要面積、部屋数、家族人数、将来のプラン可変など、基礎的な前提条件に加えて、熱環境的に快適で、エネルギー効率のよい箱の実現、などです。

実際に生活していかがでしょうか?

設計段階から、かなりの回数と時間(6、7ヶ月)をかけて並木さんとやりとりをして、こちらの希望もかなり伝えて実現しています。

また、設計の途中から、パッシブソーラー、オール電化の導入を決め、熱環境上の工夫を行っています。

概ね、希望通りですが、階高の高いリビング部分は、空気の抜けと空調の効きが悪く、1年後には天井付けのシーリングファンを取り付けました。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家を選定するにあたり、何人もの作品などを見ながら、自分の気に入った建築家を選べることは非常に良かったと思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

自分の好みや家への想いをもって、1年以上かかる建築家とのやりとりなど、家づくりを楽しめる方には、是非、お勧めします。

所在地:東京都新宿区
設計:(株)ア・シード建築設計
施工会社:高正建設(株)
竣工日:2006年4月
敷地面積:224.57平米(67.93坪)
延床面積:140.28平米(42.43坪)
サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します