お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
住むほどに味わいの増す家。
神奈川県鎌倉市F邸 設計監理:彦根 明
自身の納得のいくものを手に入れるためには積極的にリサーチする労力も惜しまず、妥協はしたくないという、強いこだわりを持ったFさん。

そんなFさんは、納得のいく家を手に入れるため、建築家に依頼することを決意された末、2009年6月にザ・ハウスで建築家・彦根 明さんと出会い、こだわりの家づくりをスタートされました。

依頼主と建築家、双方が最後に「よかった」と言える家づくりは、どんな風にして進んでいったのでしょうか。お話を伺ってみました。

家を建てようと思った経緯は?

学生の頃からずっと鎌倉という土地に魅力を感じており、いつかはここに住みたいと思っていました。

そんなある日、いろいろなタイミングが重なって土地を購入できることになったので、これはもう今しかないと思い、家を建てることを決意しました。

それから、もうひとつ、自分がいつまでもフラフラしないように、家づくりを通して、物理的にも精神的にも身を固めようという気持ちもありました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

僕はアンチ断捨離で、物に対する執着が強いタイプです。
なので、いつも好きな物を手に入れる時は徹底的にリサーチをしています。
いいものが欲しいなら、いいものを手に入れる方法があるはずだと考えています。

当然、家にだって同じことが言えるはずですので、いい家を手に入れるためにどんな方法があるのか様々なリサーチをしていきました。

そうやって色々と調べていく内に、自然と「家を建てるなら建築家に」というベクトルが伸びていきました。

初めは、いろいろな建築家の作品を手当たり次第見てみましたが、中でも彦根さんの作品が、僕たち夫婦のツボに特に刺さってきました。

建築家・彦根 明さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

「経年劣化ではなく経年熟成していく家」、「シンプルな外観とそれに合う外構のデザイン」というのを、まずお願いしました。

それから、妻が出産を控えていたので、建材にはなるべく体に害の無いものをチョイスしていただきました。

あとは、彦根さんからのヒアリングに答える形で要望を伝えていきましたが、総じて僕らの漠然とした「住みたい家」のイメージだけをお伝えし、何か細かいところひとつひとつを指定していくという形ではありませんでした。

実際に生活していかがでしょうか?

毎日いろいろな発見や、使い心地の良さを実感しています。

正直に言うと、細かいところを挙げていけば、住み始めてから「こうすれば良かったな」と気がついて、直したいと感じる所はいくつかあります。が、お伝えした「住みたい家」のイメージは、ほぼ具現化していると思っています。

全くの他人同士が出会い、何もないところからイメージを共有しつつ作り上げていく家づくりのプロセスを考えると、多分これは凄いことなんだと思います。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

実は、最初から彦根さんにお願いしたいというのは心に決めた上でザ・ハウスに行きました。

そんな僕たちに対しても、右から左へただ希望の建築家を紹介するのではなく、改めて一から話を聞いた上で彦根さんを紹介していただき、背中を押していただいたので、とてもいい出会いの方法だったと思っています。

これから建築家と家を建てる方に一言

せっかく建築家と家をつくるのなら、建築家に丸投げしてはつまらないので、ひとつでも、ぶれないイメージを持っていたらいいと思います。

きっとそれが建築家、施主、両方にとって最後の「よかった」に繋がると思います。

僕たちもそんな風にして、完成したときの「よかった」を、建築家と共有することが出来たと思っています。

所在地:神奈川県鎌倉市
設計:(株)彦根建築設計事務所
施工会社:東海建設(株)
竣工日:2010年1月
敷地面積:285.17平米(86.26坪)
延床面積:94.4平米(28.56坪)
撮影:上田 宏
サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します