お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
みんながいつでも集まれる家。
京都府八幡市K邸 設計監理:猪股浩二・原 朱美
つまでも家賃を払い続けて賃貸で暮らすよりも、住宅ローンを払いながら家を残す方が良いとお考えだったKさん。

一生住みたいと思えるような家をつくるには、建築家に依頼するしかないとお感じになり、迷うことなく2010年4月にザ・ハウスへといらっしゃいました。

建築家・猪股浩二さん、原 朱美さんには、「家族のコミュニケーションが取れる家」というご要望を一番大きなポイントとしてお伝えしたそうです。

そんなKさんにお話を伺ってみました。

家を建てようと思った経緯は?

いつまでも賃貸に住みたくはなかったからです。

家賃を払い続けるより、住宅ローンを返済し、家を残す方がベターと考えました。

それに、子供に残す事もできますし、子供たちが走り回れる家が欲しかったです。

そして何より、私たちの家族、両親、兄弟、親戚たちが、いつでも集まることの出来る家を建てたかったという思いが強くありました。

その他、細かい理由を挙げ始めればたくさんありますが、大きなポイントとしてはそんなところでしょうか。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

はい。
ハウスメーカーですと、いわゆる「自由設計」とは謳っていても、限られた中で“自由に”選択するというのが私の認識です。

また、ハウスメーカーは各社でフォーマットが決まっていますので、それが各社の色にもなっており、見る人が見ればどこのメーカーで建てたかというのが、すぐに分かってしまう気がします。

その点、建築家の場合、何度も打ち合わせを重ねる中で、沢山の要望を汲み取っていただけると聞いていました。

それらの要望を実現してもらい、自分が一生住みたいと思える家をつくってもらうには、建築家に依頼するしかないと思っていました。

建築家・猪股浩二・原 朱美さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

大きな要望から細かい要望まで、本当にたくさんの要望を遠慮なく伝えさせていただきました。

一番大きな部分としては、やはり「家族がコミュニケーションを取りやすい家」というところです。何しろ、家を建てたいと思ったのはそのためですからね。

ハウスメーカーですと、たまたま求めている物が規格に収まらない内容だった場合、「出来ません」と言われてしまうこともあるようですが、色々と要望を出して、建築家の方に知恵を絞っていただいて、イメージを共有しながら形になっていくプロセスは、本当に楽しかったです。

実際に生活していかがでしょうか?

とても満足しています。

正直なところ、想像以上に立派な家にしていただき「こんな素敵な家に住んでも良いのか?」と思ってしまうぐらいです。

今はまだ引っ越して間もないということもあり、上手く住みこなせていない部分もたくさんありますが、これから毎日この家で生活していくのが本当に楽しみです。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家との家づくりを成功させるには、「理想の建築家に出会えるか?」が一番重要だと思います。

一番重要な建築家の選定の、まさに一番最初のスタートポイントで私たちの思いを汲み取ってもらい、最適なマッチングをしていただきました。

家を建てるということは、人と人とのお付き合いが根底にあります。

私たちの理想としている家のイメージだけでなく、私たち夫婦の雰囲気まで観察して、猪股さん原さんを紹介していただいたことに感謝しております。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家をとの家づくりを検討されている方は、建築家とのフィーリングを重要視されてはと思います。

上にも記載しましたが、家をつくるのは人ですので、人間関係が大変重要だと思います。
先ず「この方に依頼したい」という思いを感じ取ってもらうのがポイントだと思います。

既に建築家が決まっている方は、思いを伝えるだけでなく、提案を良く聞かれる事も重要かと思います。
自分たちが思い描いている理想以上のものが上がって来ることもあると思います。

そんな、建築家からの提案を楽しめたなら、より充実した家づくりになるのではないでしょうか。

所在地:京都府八幡市
設計:猪股建築設計事務所
施工会社:(株)橙工務店
竣工日:2011年4月
敷地面積:384.3平米(116.25坪)
延床面積:172.56平米(52.20坪)
サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します