ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅
四季折々の美しさを感じる家。
山梨県U邸 設計監理:奥野公章

族6人で兵庫県に住んでいたUさん。お子様の成長とともに家族の形、居場所も変化し、最終的に選んだ場所は東京へのアクセスがよい自然豊かな土地でした。「住み始めて一年経過した今も、新鮮さを感じる」というUさんにお話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

私たち家族は兵庫県で暮らしていました。12年程前、妻と長女はそれぞれ仕事と学校の関係で千葉に移住、その後、次女も東京の学校に進学し、同居していた両親が他界したこともあり、兵庫では私だけの一人の暮らしが続いていました。妻はしばらく東京での仕事を続けたいという思いがあり、娘たちも東京で仕事を始めたため、もう少し東京に近くて気持ちのよい場所を求めて、軽井沢や八ヶ岳を中心に土地探しをはじめました。
2年程色々と探した結果、山の見える所に住みたいという妻の希望を満たし、生活もさほど不便ではない土地に出会えたため、家づくりのスタートを切るに至りました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

兵庫の家は20年程前に建てましたが、当時は土地の価格が非常に高く、設計や建築にあまり予算をかけられない状況でした。また、建築条件付きの土地だったので、大手不動産会社の基本設計プランに添って、両親と子供たちの生活を中心に考えて家づくりを進めることにしました。
そのため、次回建て替える時は、私たち夫婦の生活スタイル、こんな空間で暮らしたいという希望が叶う、個性的な家造りをしたいと思っていました。

それには、私たちの思いを理解し、具現化してくれる建築家を捜してお願いするのが最良だと考えました。また、建築家にお願いすれば、工事中の監理をしてもらえるというのも大きな魅力でした。

建築家・奥野さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

建築家の奥野さんには、この土地の自然を生かした家にして欲しいこと、奥野さんの感覚を活かしたシンプルで美しい建築にして欲しいことを伝え、なおかつ、私たちの年齢に相応しい、落ち着いた色合いや質感を取り入れた、白と黒のバランスの良い空間造りをお願いしました。

生活レベルでは、私たち二人の、そして一人一人が欲しいと思うスペースを作っていただけるよう希望しました(カラオケや音楽を楽しめるスペース、ライブラリーやギャラリー、ワークルームやバースペースなど盛りだくさんです…)。また、年齢的に今後のことを考えて、一階を中心に生活したいことなど、細かい生活スタイルも希望を反映していただけるようにお願いしました。

実際に生活していかがでしょうか?

冬は氷点下になる寒い地域なので、暖房についてはずいぶん迷いました。最終的に予算とメンテナンスの容易さを考えて、蓄熱式の暖房機を設置しました。しっかりした断熱の効果もあり、大変暖かく、ランニングコストもそれほどかからないので快適です。夏も同様に断熱の効果は絶大で、外は熱くても室内は涼しく過ごし易いです。また、家の中にいても、庭に出ても、四季折々の美しい風情を十分に感じることができ、心地よい日々を過ごしています。

住み始めて一年あまり経過しましたが、未だに室内や外回りを眺めても新鮮です。解消したい細かな点もいくつかありますが、飽きのこない良いデザインをしていただいたと思っています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

正直、ザ・ハウスの存在は大変助かりました。私たち夫婦の義理堅い(?)性格上、一度特定の建築家に相談すれば、相性の善し悪しに関わらず、その方に頼まざるを得なくなる可能性が高いからです。

ザ・ハウスでは、施主の希望に適いそうな建築家を施工実績や人となりをふまえて紹介いただき、お断りをする際もザ・ハウスを通じてなので気が楽でした。直接複数の建築家と面談ができたのも良かったと思います。

ただ、ザ・ハウスで当初に伺っていた予算のイメージと実際の見積りにギャップが生じ、設計に大幅な変更が生じてしまったのは残念でした。結果的には建築家と工務店に工夫・協力をしてもらい、ずいぶん元の設計に近づけることはできましたが…。
資材や人件費が急激に高騰したことや、建築予定地の特殊な地形や風土が原因のようですが、さらに状況に応じたタイムリーな情報を提供していただければ、と思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家の個性と施主の思いがうまくリンクすると、魅力的な家造りができると思います。
私たち夫婦の場合は、二人ともデザイン関係の仕事に携わっているため、色々とこだわりも強く、私たちの希望を咀嚼して再構築、提案してくれる建築家との出会いが必須でした。

もし、建築家の提案に納得できない時は、素人なりに調べて(勉強して)遠慮せずに問いかけることも必要だと思います(昨今はネット上に参考になる情報が沢山あります)。

私たちは遠方であったため、工事中は建築家にほぼお任せだったのですが、できるだけ現場には脚を運び、施主目線でもチェックをすることで、設計者と生活者との視点の微妙な違いなど、後々細かな不都合が出る可能性を軽減できるように思います。

所在地:山梨県
設計:一級建築士事務所奥野公章建築設計室
施工会社:株式会社鈴建
竣工日:2015年5月
敷地面積:946.70平米(286.37坪)
延床面積:148.94平米(45.05坪)
撮影:牛尾幹太