ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅
家族が自然に集まる家。
神奈川県横浜市O邸 設計監理:篠崎弘之

といえばハウスメーカーや建売の家と疑いのなかったOさん。展示場に足を運んでも納得のいく住宅が見つからず、自分たちらしい家を建築家と建てようとザ・ハウスに来店されました。建築家との家づくりを「じっくり時間をかけた分、求めていたことが実現し、高い満足感を得られました」とおっしゃるOさんに伺います。

家を建てようと思った経緯は?

賃貸に住んでいたのですが、子供が生まれたことをきっかけに、家を建てることを決意しました。夫婦共々、マイホームを建てるのが小さい頃からの夢だったため、マンション等ではなく家を建てることにしたのは自然な流れでした。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

当初から建築家に依頼しようと考えていたわけではありません。
むしろ最初は「家を建てる=ハウスメーカーで建てる」ことが当たり前と考えており、大手ハウスメーカーの展示会や建売住宅を周っていました。
しかしながら、どこを周っても"4LDK、南向き、駐車場2台分確保"といった決まり文句。建物も、全体の見た目は立派ですが、サイディングの外壁やドアノブのデザイン、窓の位置等、細部を見るとどれも自分たちの好みに合わないものばかりでした。
何件も周った後、小さくても良いから自分たちらしい、シンプルで飾り気のない家を建てたいという思いが自然と湧いてきました。ただ一方で、外壁はガルバリウムにしたいとか、仕切りは極力少なくしたいといったこだわりも幾つか持っていたので、こういった要望に柔軟に対応できるのはやはり建築家かなと考え、建築家マッチングサイトの大手であるザ・ハウスさんに相談することにしました。

建築家・篠崎弘之さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

各人が個室にこもるのではなく、家族が自然と集まるような快適な空間が欲しい、ということを一番強く希望しました。また、子供の成長や生活スタイルに合わせて家具の配置や部屋の仕切りを変更したかったので、柔軟性の高さも重要なポイントでした。

実際に生活していかがでしょうか?

模型や図面でかなり入念に確認していただいたので、結果的にかなりイメージに近い形になりました。一番こだわった家族が集まる空間も、実際に思い通り家族団らんの場として快適に使っています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

利用して良かったと思っています。
いきなり建築家ありきではなく、最初に「本当に我々にとって建築家という選択肢が正しいのか?」を客観的に考慮してくれたことがとても重要で、その後も安心して建築家選びに進めることができました。
また、建築家候補者選びから面談、最終決定までのプロセスも分かりやすく、土日しか休日がない中でも効率良く進められたと思っています。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家を選択すると、設計と施工の時間が長くなることは事実ですが、高い納得感が得られます。
長く住むことになるので、強いこだわりポイントがある方は妥協せず、じっくり時間をかけて建築家を選び、プラン作りをすることを強くお勧めします。特に、建築家選びは重要だと考えています。篠崎さんは一緒に家を作っていくスタンスで、我々が求める建築家像にマッチした方でした。提案を押し付けることもなく、こちらの提案に対しても良いものは良い、イマイチなものはイマイチとはっきりと伝えてくれました。
結果として、毎回楽しく打ち合わせができ、またプランの完成度も高い仕上がりになったと思っています。
まずは建築家に求めるものが何かをきちんと考えてから、ザ・ハウスさんに相談することをお勧めします。

所在地:神奈川県横浜市
設計:株式会社篠崎弘之建築設計事務所
施工会社:イケダ工務店
竣工日:2016年11月
敷地面積:192.13平米(58.22坪)
延床面積:100.46平米(30.43坪)
撮影:富野博則