ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅
奈良県北葛城郡M邸。
奈良県北葛城郡M邸 設計監理:林 雅子

つかはマイホームを手に入れるのが夢だったというMさんは、お子様の小学校入学を機に家づくりを決心され、2003年1月にザ・ハウスに来店されました。

大らかに暮らしたいというMさんご家族の要望に対して、建築家・林 雅子さんは、オープンな子供部屋と奥様の趣味の園芸が出来る中庭を持った家族みんなが楽しめる住宅を設計し、この住宅は2004年7月に完成しました。
奥様が手入れした中庭で、風呂上りにビールを飲みながら家を眺めていますとおっしゃるMさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

賃貸住宅に住んでいましたが、子供が成長し持ち物もどんどん増え、もはや快適な住まいとは言えない状況になりました。
いつかはマイホームを手に入れたいと思っていましたので、それならばと子供が小学校に入学する迄に完成させるのを目標に、土地と依頼先を並行して探し始めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

建築家の設計した家に対する憧れは以前からありましたが、最初はハウスメーカーの家も見ておこうと思い、住宅展示場に行きました。

しかし、どれも似たり寄ったりで選択肢も限られており、一生のうちで一番大きな買い物なのに、自分達の思い描くような家が出来ないような気がしてきました。

その時、改めて建築家に依頼したいという想いを強く持ちました。インターネットを使って建築家の探し方や依頼方法を調べていた処、たまたまザ・ハウスのホームページを見つけて「コレだ!」と思い、数日後には梅田店のドアをノックしていました。

建築家・林 雅子さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

・明るく、風が良く通る。
・家全体をあまり仕切らず連続した空間とする。
・家族みんなで料理や片付けが出来るキッチン。
・家族が自然と集まるようなリビング。
・家の中の床と連続するデッキのある庭。

といった点を、要望としてお伝えしました。
購入した土地が東西に長く、南隣の総2階の家の壁がこちらに迫ってくるような印象がありましたので、この南隣の家をあまり気にせずに生活が出来るようにしたいという点もお願いしました。

林さんは私達の要望や意見を十分に尊重して下さり、的確で、そして時には私達が思いもつかなかったようなご提案をして下さいました。それがとても嬉しく、打合せも実に楽しかったです。

実際に生活していかがでしょうか?

中庭を挟んで東側にリビング、西側に吹き抜けのダイニングとキッチンがあって、大きな窓から光がふんだんに入り風通しも抜群です。南隣の家に対しても、中庭から続くデッキの縁に1階部分が隠れる高さの木塀を立てて頂いた事で視線も気にならず、近所付き合いもうまくいっています。中庭の北側は子供部屋(一部がリビングとダイニングキッチンを結ぶ廊下を兼ねていて仕切なし)としましたが、どこに居ても子供の気配が分かるこのレイアウトは大成功でした。
趣味の手芸をじっくりと楽しめる空間が手に入った妻も、とても嬉しそうです。私はと云えば風呂上がりに中庭のデッキに作り付けて貰ったベンチに座って、我が家や夜空を眺めながら缶ビールを飲む、というのがこの夏の日課でした。

秋、冬、春と、これから巡ってくる季節に我が家がどんな表情を見せてくれるか今からとても楽しみです。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

私達の要望や好みをじっくり聞いてくれた上で、厳選された建築家の中から相性の良さそうな方を紹介して頂けるので、信頼出来ると思いました。また、建築家との面談にも同席して下さいますので、初対面の建築家と打ち解けやすく、お互いの事を知る上で良かったと思います。

土地の購入やローンについても分からない点が多々ありましたが、その都度、的確なアドバイスを頂くことができ、本当に助かりました。

これから建築家と家を建てる方に一言

家を建てるにあたって私達がどのような生活を送りたいのか、将来の変化も含めて大いに考えさせられる処がありました。この点について、家族でよく話し合った(ケンカもよくしました。)事が満足度の高い家が得られた結果に繋がった気がします。勿論、それを良く理解して頂ける建築家に出会う事も大事だと思います。

これから家を建てる皆さんも、ライフスタイルやライフプランについてご家族でじっくりと話し合われ、それを建築家に伝える事で、きっと素晴らしい家が出来ると思います。

建築家・林 雅子さんのインタビュー

はじめにMさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

自分達がどんな暮らしをしたいのか、イメージをはっきりと持っておられると感じました。イメージというのは、部屋の数とか広さとかではなく暮らし方のイメージです。

例えば仕切りは最小限にしたいとか、居間は家族が自然と集まり各々がやりたい事をやれるようなスペース、くつろぐ時は床でゴロゴロしたい、家の中と外が連続するような外のスペースが欲しいというように、抽象的な事柄なのですが、家をつくるにあたっては、このようなイメージがとても大切でそういう事を理解しておられる方だと思いました。

具体的にはどのような形でご要望に応えていったのですか?

大らかに暮らしたいというご要望を大事にし、最初は中庭を挟んだ平屋案を提案しました。中と外の区別が曖昧な部分をつくる事で暮らしの幅が広がり楽しくなるのではないかと思ったのですが、十分な収納スペースが確保出来そうになく、その案をベースにした一部二階建てとなりました。二階へは吹き抜けの食堂から上がるので上下の距離感はなく、家中が一体化しています。

Mさんとのお打合せはいかがでしたか?

最初のプラン作りの段階で、時間を掛けて十分に話し合う事が出来たのではないでしょうか。Mさんとは、基本的な考えが一致していたと(勝手に)思っています。着工してからも度々現場に来ていただいて、何でも相談しながらゆったりと進めていけたと思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家と建てる家はモデルハウスがあるわけではなく、これまで設計した家をいくら見ていただいても、自分の家の場合はどうなるのかと不安はあるでしょう。私が建築家ではなくてお施主様の立場だったらと思うと、その気持ちは良く解かります。

しかし、建築家に依頼すれば自分の家について知りながら、納得しながら計画を進める事が出来ます。建築家は、一を聞いて十を判断しないといけないような処もありますが、何でも相談しながら進めていけば、きっと満足出来る家になると思います。是非、出会いを探してみて下さい。

所在地:奈良県北葛城郡
設計:林建築設計室
施工会社:旭工務店
竣工日:2004年7月
敷地面積:210.6平米(63.71坪)
延床面積:111.22平米(33.64坪)