ザ・ハウスで建てた家
    • サービス内容
    • 建築家の登録基準
    • サービスの流れ
    • アフターサービス
    • ユーザーレビュー
    • よくある質問と回答
  • ザ・ハウスで建てた家
    • 登録建築家
    • マスコミ掲載情報
    若手建築家オーディション
    • 建築家と家を建てるとは
    • オープンハウス情報
    • まじめな家づくりセミナー
    • 家づくり実現度チェック
    • コスト診断
    • 予算診断
    • スケジュール診断
    • 住宅ローン計算
    • 会社概要
    • 店舗のご案内
    • 来店予約・お問合せ
    • スタッフ紹介
    • 個人情報について
    • ザ・ハウスの本
採用特設ページ
ザ・ハウスフェイスブック
関連サイト
ザ・ハウス@ハウスメーカー
ザ・ハウス@工務店
まるわかり注文住宅
埼玉県川越市K邸。
埼玉県川越市K邸 設計監理:岡村泰之

「家 を建てるなら建築家にお願いしよう!」と思い続けていたKさんは2003年10月ザ・ハウスに来店されました。
Kさんから発信されるイメージから、建築家・岡村泰之さんは『光あふれ風通しがよく開放的であるが落ち着ける空間』という答えを見出しました。対話を重ね、双方の理解を高めていきながらつくられたそのお住まいは、2004年12月に完成。

これからの暖かな季節に、念願の中庭でお茶を飲んだりして過ごす時間が楽しみだとおっしゃるKさんにお話しを伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

結婚をして賃貸住宅に住んでいたのですが、以前から「いずれは自分の家を建てたい!」と思っていました。

「将来家を建てるつもりなら、家賃を払い続けるよりも家を建ててしまったらよいのではないか」という思いが強まっていた事と、「猫を飼いたい」という妻の希望を早く叶えて上げたいという事が家を建てようと思ったきっかけでした。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

初めから「できることなら建築家に依頼したい」と考えていました。
よく目にするハウスメーカーなどの家のデザインはいまいち魅力を感じることができなくて…。
建築家に依頼するととても高くなるのではないかと思っていたのですが、雑誌やテレビなどで建築家にお願いしてもコストを抑えて家を建てることが出来るということを知り「やはり建築家にお願いしよう!」と思ったのです。

建築家・岡村泰之さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

・明るくて風通しの良いこと
・キッチンからリビングを見渡せること
・人もペットも快適に暮らせること
・コストを抑えたい
・1階の一部を事務所にしたい、等々、その他にも細かい希望がありました。

それらの希望項目を書き出したリスト(物凄くたくさんありました…)と、自分達の好きな雰囲気が伝わるようにと思い、雑誌などで見た好きな雰囲気の家や取り入れたい収納など色々な写真を、スキャナーで取り込みまとめたものをお渡しました。

また事務所部分については、私達がとても気に入っているカフェがあり、そのカフェのような雰囲気にしたいと岡村さんにお伝えし、一緒にそこに行ってお茶を飲みながら打合せをしていただいたりもしました。

実際に生活していかがでしょうか?

住み始めてからまだ日は浅いのですが、明るくて快適です!

予算上諦めなければいけなかった点や、実際に住んでみると此処はこうした方が良かったなと思う点は有りますが、たくさんの打合せを重ねて出来上がった家なので満足しております。

小さいながらも私達の希望だった中庭をつくっていただいたので、もう少し暖かくなったらそこでお茶を飲んだり、ランチを食べたりするのを楽しみにしています。

たくさんの希望があり、岡村さんはとても大変だったと思います。私達夫婦は決断力に欠けていて(笑)なかなか決められないことも多かったのですが、岡村さん、アシスタントの大川さんは、なるべく多くの要望を取り入れようと根気強く打合せをして下さったことにとても感謝しています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

無料のサービスなのにとても充実しています。
登録しているたくさんの建築家の特徴を把握されていたことには驚きました。

建築家に頼む=作風が気に入った人にお願いすると思っていたのですが、ザ・ハウスに行って作風だけでなく、建築家の方の性格や仕事の進め方、予算の面など幅広い視点で丁寧にアドバイスをしていただいたので、とても参考になりました。
建築家が決まった後もメールで何度か相談などさせていただきましたが、専門的な事で相談のできる方がいて、とても心強かったです。

これから建築家と家を建てる方に一言

一年、長ければそれ以上の期間をたくさんの打合せを重ねていく訳ですから、やはり建築家の方との相性がとても大切だと思いました。こんなことを言っても大丈夫かなと言うような小さな事でも何でも伝えて、満足行くまで話し合って決めていくことができれば、出来上がった時に後悔することが少ないのではないでしょうか。

建築家・岡村泰之さんのインタビュー

はじめにKさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

「素敵で可愛いご夫婦だな」というのが、初めてお会いした時の第一印象でした。

最初の打合せは、お二人のお気に入りの原宿のカフェでした。
床は無垢のフローリング、壁は漆喰、家具も偽物ではない質素な木製と、お二人がおっしゃっていた通りの存在感ある自然素材で構成されていました。住まいに対するイメージについてお二人でかなりお話しになっていたようで、空間・素材・雰囲気を伝える為のかなりの枚数の写真を雑誌からスキャンして整理されており、空間を考える上でとても参考になりました。そこから読み取れることは、『光あふれ風通しがよく、開放的であるが落ち着ける空間』をつくりたいということでした。

具体的にはどのような形でご要望に応えていったのですか?

当初から最低限の家相は満足して欲しいというご要望がありましたが、ご両親から、方位についても見て貰ったらどうかというご提案があり、プランニングにかなりの制約を受けることになりました。
私にとっては思わぬ展開でしたが、その制約を逆手に取って、一般的なプランニングをしのぐ快適さを持つ案を何案か提案しました。
そのような提案にも柔軟に対応していただき、結果として『光あふれ風通しがよく、開放的であるが落ち着ける空間』を実現することが出来ました。

プロジェクトタイトルを『n・e・w・s』と付けたのですが、north、east、west、southの方位を考慮しながら、新しい空間をつくるという意味が込められています。

Kさんとのお打合せはいかがでしたか?

終始楽しくお打合せさせていただきました。
お考えになっていることを具体的なイメージ(写真)でお伝えいただいたことは大変助かりました。また矛盾を孕んだご希望も忌憚なく示していただいたことも、このプロジェクトの成功の要因だと考えています。

問題点をクライアントと建築家の双方で理解し合い、対話を重ねることで諸問題を解決して行くことが出来ました。

これから建築家と家を建てる方に一言

我々は、希望されていることの「矛盾」の中に、お望みになられていることを引き出すための根源的なヒントが隠されていると考えています。
矛盾しているから話さないでおこうというのではなく、お思いになっていることを全て建築家に伝えることから、計画を始めるのが真に望まれている理想の住まいを実現するための近道だと思います。

建築家と『対話』するスタンスを常に自覚しておくことが重要です。

所在地:埼玉県川越市
設計:岡村泰之建築設計事務所
施工会社:(株)日祥工業
竣工日:2004年12月
敷地面積:131.34平米(39.73坪)
延床面積:128.34平米(38.82坪)
撮影:michiho