お気軽にお問合せください
建築家住宅を知る

坪70万円台からの建築家住宅

建築家住宅の価格

建築家住宅の価格の高低をお話しすることは難しいことです。

建築家はひとつひとつの住宅を建て主の価値観に合わせて設計するため、お金のかけどころが建て主によって大きく異なります。そのため、一般的に「あの程度の住宅ならこの位の値段」ということが言えません。

しかし、そうは言っても目安がないと話が前に進みませんので、ひとつのモデルとして、床面積30坪ほどの木造在来住宅を東京23区で建てる場合を考えてみます。

まず、住宅には、どのような住宅でも等しくかかる費用があります。

基礎や構造、断熱といった住宅の最も基本的な性能にかかわる費用で、これがおおよそ1坪当たり60万円前後というところでしょう。

それだけではただの箱ですので、これに建て主の要望を基にした造作や設備などの費用が上乗せされるわけですが、その価格に上限はありません。

特にエレベーターやプール、防音室などの設備や、総大理石の浴槽やシャンデリアなどの高級品が加われば、その分いくらでも価格は上昇してしまいます。

しかし、特殊なご要望を除けば、上乗せされる分は1坪当たり10万円~40万円という範囲の中に納まるものとお考えください。

つまり、基本性能と合わせて、1坪当たり70万円~100万円、30坪の床面積ですと、2100万円~3000万円というのが建築家で建てる場合の工事費になります。

鉄骨造の場合は基本性能部分を坪70万円~80万円、鉄筋コンクリート造の場合は80万円~90万円として計算してみてください。これに加えて、造作や設備などの要望次第で、1坪当たり10万円~40万円がプラスになるイメージです。

なお、住宅の価格に最も影響を与える要素は床面積ですので、当然床面積の大小によって価格は変わりますが、どんなに小さな床面積でも一定の金額がかかる費用項目がありますので、床面積が小さくなればなるほど1坪当たりは割高になり、大きくなればなるほど割安になります。