お気軽にお問合せください
建築家住宅を知る

建築家と家を建てるとは

建築家とは

「建築家」という言葉は俗称であり、正式な資格などを意味する言葉ではありません。

ただし、役所に建築確認を申請するにあたっては、「建築士」という国家資格が必要ですので、建築家のほとんどは同時に建築士の資格を持っています。
設計に携わる人たちの中でも、私たちが特に「建築家」という場合には、3つの意味に当てはまる方を指しています。

1.建物のデザインを重視

ただし、ここでいうデザインとは「見た目」のことだけではなく、使い勝手や快適性に影響する「空間」デザインのことです。
建築家のもっとも大切な職能は「空間」デザインであり、素材や建材などのインテリアや「見た目」のデザインは、視覚的に「空間」デザインを補強するための一要素に過ぎないとお考えください。

2.施工から完全に独立

ハウスメーカーや工務店の社内建築士の場合は、工法や建材などを所属会社に合わせて設計しなければなりませんので、建て主ご家族のライフスタイルに合わせて制約なしに住宅を設計するという建築家のメリットが失われてしまいます。

また、監理の際に工事に対するチェック機能も働きません(→建築家との家づくり)。
例え独立して事務所を構えていても、仕事が特定のハウスメーカーや工務店の下請けである場合も実質的に同じことといえます。

3.住宅分野を専門に

設計の各分野はある程度は重複する部分もありますが、基本的には異なる技能といっていいでしょう。
住宅以外の設計者でも、図面を描くことそのものは可能ですが、住宅で使う建材、コスト、住宅に関する法律、住宅特有の細かい技術などはご存知ではありませんし、一般施主とのコミュニケーションなども苦手な方が多いでしょう。

特に、住宅設計は多くの要素を一人でこなさなければなりませんので、規模の小ささにもかかわらず独特の難しさがあるのです。