お気軽にお問合せください
建築家住宅を知る

坪70万円台からの建築家住宅

保証

ハウスメーカーでは保証があるけれど、建築家の場合は保証がないと思われている方も少なくないようです。

2000年4月から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)によって、すべての新築住宅に瑕疵担保保証が義務づけられています。

品確法による保証は施工者に義務付けられますので、建築家に設計監理を依頼する場合でも、施工を担当した工務店が、引き渡しから10年間、雨漏りや基本構造部分に問題が発生した場合には無償で修復を行わなくてはなりません。

つまり、品確法で定められた保証は、ハウスメーカーか、工務店か、建築家かに関わらず、すべての新築住宅に適用されます。

なお、ハウスメーカーでは20年、30年という長期の保証を設定していることがありますが、これは各ハウスメーカーが独自に設けている保証であり、品確法で定められた保証とは異なります。