青木 律典

青木 律典

Norifumi Aoki

建築の考え方

私はできるだけ時間に左右されない住まいをつくりたいと考えています。
時間に左右されない住まいでは飽きることがなく愛着を持って暮らすことができると思うからです。

永い年月の中で住まう人が生活に彩りを加えたり、ゆとりを生み出すことでより一層暮らしに馴染んでいくのではないでしょうか。

建築空間はあくまでも住まう人が豊かな暮らしを営む「うつわ」に過ぎないと思います。その「うつわ」を丁寧に形づくっていきたいと考えています。

青木律典Norifumi Aoki
一級建築士(No. 347066)

1973年 神奈川県生まれ。
2003年デザインファーム建築設計スタジオ卒業。日比生寛史建築計画研究所、田井勝馬建築設計工房を経て、青木律典建築設計スタジオ設立。2015年に株式会社デザインライフ設計室に改組。
デザインファーム建築設計スタジオ非常勤講師。
趣味は「美味しい珈琲探し」と「靴磨き」

メッセージ

私たちは「暮らしから住まいをデザインする」ことをコンセプトにクライアントの皆さまと一緒に真面目に家づくりを行っています。

ライフスタイルが多様化する昨今ではクライアントの暮らしに寄り添うことが大切だと感じています。

クライアントの暮らしを丁寧に観察して様々な選択肢の中から最適な方法を選び出し、クライアントのライフスタイルに合った住まいづくりをしていきたいと考えています。

ご興味をお持ち頂けましたら是非一緒に家づくりを楽しみましょう。

緑を感じるおおらかな暮らしのある家

緑を感じながら暮らしたいという建て主のための住まいです。敷地の裏手に広がる緑地に面して大きな窓を設け、1階と2階で違った雰囲気の緑の様子が感じられるように工夫をしました。

ダイニングの横に畳敷きの図書スペースを設けたり、窓辺にカウンターをつくり付けたり、吹抜けを設けることで家族の居場所を散りばめながら、おおらかに繋がるような住まいになりました。

閉じながら開放的な暮らしのある住まい

外に対して閉じながら、室内は明るく開放的な空間にしたいという建て主の要望を受けて2階のリビングに隣接したテラスを核とした住まいとしました。

窓の大きさや配置を慎重に考えることで窓から入る光が室内を巡り明るさが拡散していきます。
吹抜の下には家族が集まる図書・学習スペースを設けることで第2のリビングのように家族それぞれが個別の作業ができる自由で開放的な住まいになりました。

ほど良い距離感が生まれる二世帯住宅

親世帯の住まいを建て主である息子世帯との二世帯住宅に建て替えた計画です。
それぞれの暮らしを重視するために玄関を独立させて、上下にそれぞれの世帯が暮らす二世帯住宅としました。

生活時間の異なる世代が暮らすため、1階と2階の部屋の配置に配慮しました。
二世帯住宅ならではの難しさを乗り越えて親世帯・子世帯それぞれが満足できる住まいとなりました。

風景を取り込み景色を楽しむキッチン

将来、自宅で料理教室を開くことを考えている建て主のためのキッチンは2列型としました。カウンターを囲んで調理をすることができますし、シンクと食洗機を組み込むことで効率的に作業ができるようにしました。

また日常の料理が気持ち良いものとなるように外の風景を楽しむことができる配置としています。
カウンターキッチンからはダイニングの家族の様子を常に見ることができる良さもあります。

家事が楽になる家事専用スペース

お子さんが小さく共働きのご家族から家事の負担を軽減したいという要望があり、洗濯のための専用スペースを設けました。
洗濯機、ガス乾燥機、手洗いのための専用シンクを設け、横に動くだけで作業が効率的に出来るように配置しました。

見た目を損なわずに室内干しができるように造作の物干しを考えました。
物干しテラスが隣接しているので動線がコンパクトになり家事の負担軽減につながりました。

開放感と広がりを生み出す屋根のあるテラス

外に閉じながら開放的な空間にしたいという建て主の要望に応えて、屋根と壁で囲まれたテラスを設けました。

テラスはリビングとつながっているのでリビングをより広く感じさせてくれると同時に窓を開け放つことで外気が入り、気持ち良く開放的に過ごすことができます。屋根があることで雨の日には物干しテラスとしても活用することができますし、洗濯物が外から見えることもありません。

青木 律典さんの魅力

大変誠実で真面目な方。丁寧にひとつずつご対応されます。
そのお人柄から信頼が厚く、リピーターの方や工務店からのご紹介もあります。
丁寧に誠実に、を心掛けて施主、工務店と向かい合ってお仕事をされます。

得意分野

静かな雰囲気のある家を得意とされています。
前職の田井勝馬建築設計工房で培った5年の実績から、新築、店舗、リノベーション、木造からRCまで幅広く対応可能です。
その中でも特にリノベーション実績を多数お持ちです。

設計の進め方

プラン提案後、決定となれば設計契約へと進みます。

前職の田井勝馬建築設計工房で学んだ手法を活かし、見積調整時には減額できる要素を全てリスト化し金額を提示するため、施主があまり迷わず減額できると伺っています。

設計コスト

木造住宅の場合、坪単価100万円前後が目安です。

受賞歴

  • 2013年「シキリの形」にてLIXILデザインコンテスト審査委員特別賞受賞
  • 2013年「シキリの形」にてJID賞ビエンナーレ2014インテリアスペース部門部門賞受賞
  • 2014年「シキリの形」にて四国化成工業施工作品コンテスト内装材部門最優秀賞受賞
  • 2015年「ウチソトの間合」にて大阪の住まい活性化フォーラム会長賞受賞
こちらは面談時にご紹介させていただくページとなります。
ご希望の方は、ザ・ハウスへのご相談予約(無料)をお申し込みください。

<ご案内できること(一例)>

◯◯さんの魅力 どのような魅力のある建築家であるか

設計の進め方 建築アイデアの生み出し方・説明の仕方(論理的・感覚的)等

建築コスト 平均的な坪単価・設計料等

〇〇さんに依頼したお客様の声 過去のマッチング事例からご紹介

今までの建築実績からわかる得意分野 崖地・狭小地・路地状等、特徴的な土地の事例や、リノベーション・二世帯住宅・商業施設等種類ごとの事例まで建築家の特性を網羅

その他ご面談の中では、建築家との強い信頼関係と過去のマッチング実績に基づき理想の建物を建てるために必要な情報全てをご案内しております。

すでに気になっている建築家がおられる方から、ハウスメーカー・工務店とまだ迷っておられる方まで、どのようなお悩みでもご相談承ります。
お気軽にご相談ください。