登録建築家

登録建築家厳選された登録建築家達のご紹介

黒川 智之

Tomoyuki Kurokawa

一級建築士(No.324501)

1977年 神奈川県出身。
東京工業大学大学院修了後、竹中工務店・Herzog & de Meuron(文化庁新進芸術家海外派遣員)・隈研吾建築都市設計事務所を経て、2012年に黒川智之建築設計事務所を設立。2019年に株式会社黒川智之建築設計事務所に改組。2018年より日瑞建築文化協会理事を務める。
趣味は旅行。


WORKS

家づくりの考え方

「快適さ」や「居心地の良さ」と一口に言っても、人によってその内容は異なります。
依頼主との対話を通して、暮らしの中で何を大事にしているのか一緒に整理をしていくことで、要望の真意を理解し、その人に合った「快適さ」「居心地の良さ」を提案するようにしています。
また、我々は建物が建つ敷地には何度も足を運び、時間をかけて向き合い、その環境から見いだされる固有の豊かさのようなものを探すようにしています。
各々の住み手に見いだされる「快適さ」「居心地の良さ」と、環境に見いだされる「固有の豊かさ」とがあるべき姿として結びつく先に、豊かな日常を営むことのできる家が実現されるものと考えています。

メッセージ

私達に設計をご依頼いただく皆様には、「キッチンはアイランドで」「部屋数は〇つ」「リビングは〇畳以上」といったスペースや物を具体的に規定するようなご要望ではなく、「狭いところで本を読むのが好き」「陽だまりで昼寝するのが好き」といったような生活の中におけるご自分の「好き」を集めていただくことから始めていただくようにしています。
「キッチンはアイランドで」といった言葉で会話を始めてしまうと、「キッチンとは」「アイランドとは」と言及することなく、使われる言葉を疑いのない前提のようにして考えてしまいがちです。それは、慣習に囚われているということになりますが、そうした無条件の決めつけのようなものは、建築の可能性を小さくしてしまいます。
一方で、「好き」というのは個人的な感情の発露であるため、慣習の囚われを無くし、自由な発想を導きます。
設計の初期段階では、このように発想の可能性を大きく広げ、話し合いを重ねながら徐々に本来到達したい場所へとたどり着くことができたらと考えています。
皆様との素敵な出会いを楽しみにしております。