ザ・ハウスで建てた家

心地良い家に暮らす。ということ。

2019.11.23 掲載
2016年7月ご来店S様(東京都)

自分たちが望む暮らしを徹底的に洗い出し、建築家と共有しながら家づくりを進めたSさん。この人、と思えるパートナーと出会って完成した家は、「家族みんなにとって、ホッとして自分に帰れる場所」とおっしゃいます。「家は人の人生を変えるもの、そして素敵な家は、自分の想像を超えた所に人生を導いてくれるもの」と語るSさんに伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

夫婦とも住宅が好きだったので、オリジナリティのある住居に暮らしたいという希望がありました。でも当初は「家を建てる」ことまでは考えておらず(どちらかと言えば、実現はしない夢物語に近かったです)、マンションをリフォームする前提で、新築から中古まで本当にたくさんの物件を訪問しました。

たくさんの物件を訪問し、自分たちがこだわりたいこと、どうしても妥協したくないことが徐々に明確になっていく中で、結果として「土地を買い、一から建てる」ということが最良の選択だと考えるに至りました。

また、土地の選択という点については、マンションを訪問する中で、住みたい環境や眺望といった条件にあうエリアが明確にイメージできるようになっていたことが、いまの土地に出会えたきっかけになったと思います。不動産会社の方にはっきりとした希望をお伝えしていたので、条件に合う土地を探していただけたことも家を建てる後押しになったと思います。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

先のような経緯でしたので、私たちにとっては「土地を買う=細部にこだわったフルオーダーの住宅を作る」ことでした。

ザ・ハウスさんを訪ねた他にも、「工務店が主導で建築家の方が紐付いている業態」、「個人ではなく、複数の設計士が組織的に関わる業態」など、複数社に提案をお願いしていました。

それぞれの個性と良さがあり、複数の案を検証させていただく中で、自分たちが「誰と建てたいか?」を決断する上での優先順位が明確になっていきました。その結論はすごくシンプルで、「個人として、私たちの思いに寄り添って下さる人と家を建てたい」ということでした。私たちにとっては、個人対組織ではなく、個人対個人として向き合って下さる建築家と家を建てることがベストチョイスでした。

建築家・篠崎弘之さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

当時は子供も小さく、夫婦ともに本当に忙しかったので、初動でお互いのこだわりの最大公約数を整理しておくことは、意識的に、かつ徹底的にやりました。結果、徹夜で約100枚のスライドを作ることになってしまいました(笑)。 この100枚を見てどう反応いただけるか、というのも建築家の方を選ぶ上での大事なポイントでした。

「誰と建てるか?」を決めてからが長いマラソンなので、建築家の方とのコミュニケーションを続けていく上でも、せっかくなら、私たちの人となりを面白がって下さる方が良いなと思いました。篠崎さんの提案は、私たちの思いを汲み取りながらも、そこに私たちの想像を超えたワクワクを上書きしてくださったものでしたので、「この人しかいないな」と夫婦ともに即決できました。

篠崎さんをはじめ、事務所の皆さんも、工務店の皆さんも、本当に素晴らしい方たちで、粘り強く、我慢強く私たちの要望に応えてくださったので、建てる過程では皆さんにお会いするのが本当に楽しかったです。むしろ家が建ってしまうと、お会いできる機会も限られてしまい、寂しいです(笑)。

実際に生活していかがでしょうか?

120点で楽しく暮らしています。家族みんなにとって、ホッとして自分に帰れる、心地よい大好きな空間です。

土地は決して広くないですが、空間を上手に考えていただいているので開放感があります。小さな娘も含め、家族みんなが一人の時間も必要なタイプなので、籠りたいときは各々のプライバシーを確保できる場もあります。のびのびと家族で繋がることと、各々が自分の時間に没頭できることがとてもうまく両立できています。

私たちの家は住宅が密集しているエリアにあるため、家の中だけでなく、外の環境との関係性(例えば細かいことで言うと、隣接住宅との窓の位置や、眺望が取れる窓が限られる中で、ピクチャーウィンドウとしての景色をどう切り取るかなど)の中で、どう設計していただくかも非常に重要だったのですが、その点もプロの仕事として非常に細やかな配慮をいただいていたので、大変気持ちよく暮らせています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家の方の事務所をドアノックするのは少しハードルが高かったのですが、ザ・ハウスさんが間にいらしてくださったおかげで、いろんな方たちとのドアが開け、篠崎さんと出会うことができました。とても感謝しております。

これから建築家と家を建てる方に一言

家族のこだわりの最大公約数を見つけることを初動で整理しておいたことは、結果的にとても良かったです。100枚は大分やり過ぎだったなと思いますので、例えば、箇条書きでこだわりたいことと、それぞれの優先順位を考えておくだけでも良いと思います。

家づくりを実際にやってみて分かりましたが、実際に家を建てていく工程では、施主自身がイニシアティブを持って決定することの連続ですし、予算に限りがある中では様々な事柄を忖度する場面もありますから、その時に何に立ち返るのか、という「原点」がはっきりしていれば、迷う局面を減らせると思います。

家は人の人生を変えるもの、そして、素敵な家は自分の想像を超えた所に人生を導いてくれるものだと私は思います。建築家の方は本当に大切な存在で、篠崎さんの想像力の船に乗って、自分たちの思いが形にできたことに本当に感謝しています。

ギャラリー

データ

建設地:
東京都
竣工日:
2016年12月
設 計:
篠崎 弘之
施工会社:
有限会社伸栄
構 造:
鉄筋コンクリート(RC造)
敷地面積:
61.69平米(18.7坪)
施工床面積:
125.33平米(37.9坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
池本史彦