Audition

登録建築家オーディション

結果発表

第16回 登録建築家オーディション

ザ・ハウスでは、原則として建築家からの自薦による登録は受け付けておりません。
ただし毎年1回、「登録建築家オーディション」を開催し、広くご応募いただける機会を設けています。

経歴・実績・作風の1次審査の後、弊社スタッフの個別面談を経て、
すべての登録基準を満たす魅力的な建築家にご登録いただいています。

今回は、以下の建築家にご登録いただくことになりました。
現在、ご紹介の準備を進めております。これからの活躍にご期待下さい。

井上亮Makoto Inoue

井上亮

楽しい、嬉しい、心地よい、家。ピンと張り詰めた美しさよりも、リラックスできる森林や公園のような空間をつくりたいと考えています。
堅苦しい理論やアカデミックな新しさよりも、青空の下でのんびりするような、くすっと微笑みたくなるような、理由なく心躍ってしまうような空間を住まい手と一緒に考えたい。
家づくりそのものがとても楽しい出来事になるように、そして住んでからもひときわ愛着が湧くような、空間づくりをしたいと考えています。
何かのご縁でこれから出会うみなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

萱沼宏記Hiroki Kayanuma

萱沼宏記

富士山の麓で生まれ育った事もあってか、これまで豊かな自然の中での設計機会に多く恵まれました。
そこでは「くつろぎ」「癒やし」の空間が求められます。一方、森の中は美しくも厳しい自然環境(氷点下・高湿度など)が待っています。
くつろぎのデザインと共に快適な住環境をどのように確保するか常に考える事になりました。
その経験を都市部での住宅設計でも生かし、日常の平穏な時間を大切にしたデザインを行います。

鹿内健Takeshi Shikauchi

鹿内健

新しく登録する事になりました鹿内健と申します。
弊社では住宅・マンションリノベに加え、別荘やホテルの設計も行っております。別荘やホテルでは余白の空間が重要ですが、コロナ禍を経て改めて住宅を見ますと、このような余白の空間が益々大切になったと思います。
寝る、食べるなど機能的な部屋だけでなく、小さくても良いですし、朝の5分だけ過ごすような、良い意味で無駄な「心のゆとりを生み出す空間」を作れればと思います。