登録建築家オーディション

第15回 登録建築家オーディション

第15回登録建築家オーディション結果発表

今回は、以下の建築家にご登録いただくことになりました。
現在、ご紹介の準備を進めております。これからの活躍にご期待下さい。

第15回登録建築家オーディション
登録建築家

黒川智之Tomoyuki Kurokawa

黒川智之

この度は、登録建築家オーディションにおいて多数の応募の中から選出いただき、大変光栄に存じます。
黒川智之建築設計事務所では現在、個人住宅から共同住宅、オフィス・ホテルなど大小様々なプロジェクトが進行中です。
ご依頼いただく皆様とつくる喜びを共有できるような建築を目指し、精進してく所存でございます。
よろしくお願い致します。

富永大毅Hiroki Tominaga / 藤間弥恵Yae Fujima

富永大毅

働き方や家族のあり方が変わろうとしている今、住まいや暮らしに対する問題は、大きく変わろうとしています。最初は暮らしの場としてつくっても、10年後には全然違う使われ方をしているかもしれません。これに対する唯一の正しい答えはありません。ただ何の問題を解決すればいいのかを設計によって明らかにすることができると私たちは考えています。
住まいを設計することはそこに流れる時間を設計することです。どのような素材を使うとどんな時間が流れるか、子どもの成長や家族の変化に対応する住宅の設えとはどういうものか、完成時が素晴らしいことはもちろんですが、20年後、50年後のことまで考えて設計することで、住宅が家族の一員のようになってくるはずです。
そんな住まいづくりのお手伝いをできればと考えています。

廣部剛司Takeshi Hirobe

廣部剛司

この度、ザ・ハウスに登録させていただくこととなりました株式会社 廣部剛司建築研究所の廣部剛司と申します。1999年に独立しまして、早くも二十年あまりの月日が流れました。
思い返してみれば、それぞれの建て主さん、敷地条件などと向き合いながら、いつもそこに流れる「時間」を考えていたように感じます。空間に射しこむ光が刻々と動いていき、なかに暮らす人々とつながる。友人とゆっくり語らっているうちに、あっという間に時が過ぎていて驚く…。そんな「時間」の流れ、それらは建築空間をどうつくるかで、その質を少し変える力があるのだろうと信じています。
時に寄り添い、豊かにすることができる建築をつくるために、これからも力を注いでまいりたいと思っております。どうぞ、宜しくお願いいたします。