お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
大阪府東大阪市H邸。
大阪府東大阪市H邸 設計監理:林 敬一
ンション生活をされていたHさんは、集合住宅でのいろいろな制約がある煩わしさから解放されたいと考え、一戸建ての家を建てる事を決意。2003年3月ザ・ハウスに来店されました。

『広くて明るくて開放的で風通しのよい家が欲しい』という敢えて細かい要望を出さなかったHさんに、建築家・林 敬一さんは少しづつ言葉の後ろに隠れたイメージは何なのかを探りながら、家という形へと変えていきました。いつも集まるご友人の方からもとても好評だというそのお住まいは、2004年9月に完成。
以前に比べると家にいる時間が長くなったとおっしゃるHさんにお話しを伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

マンションに住んでいたのですが、ちょっと飽きてしまったことと、自治会などもあり、集合住宅に少し煩わしさを感じていました。
一戸建ての住宅に対する憧れもあり、家を建てることを決めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

もともと住宅メーカーでは建てる気はなく、分譲住宅などもいろいろ見て回ったのですが、面白みに欠けるものばかりでした。
そんな頃、テレビや雑誌で建築家の建てた住宅をよく見るようになり、建築家と家を建てるということがとても身近に感じるようになっていました。

既製のものでなく思い通りの家を建てたいと思い、建築家の方に依頼する事に決めました。

建築家・林 敬一さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

明るくて、リビングが広くて、風の通る家にして下さいとお願いしました。リビングがメインで、友達が来た時に皆で囲めるキッチンが欲しいと…。
敢えて細かい要望は出さず、これだけの要望で提案をして貰うことにしました。

最初に提案して貰ったプランは、正直言って、私達にはしっくりこないものでした。ただ、最初にあまり要望を伝えなかった私達がいけなかったのではないかと考え、なかなかその事を林さんに言い出せずにいました。少し考え迷った上で「もう一度、提案して貰えませんか?」とお願いしたのです。

そして再提案を頂いたのですが、その内容は林さん曰く「まったり系」と「クール系」の2パターンでした。
林さんは私達の要望からクールなイメージを感じ取られ、そのようなご提案も頂いたのですが、実は私達にはもう一方の「まったり」の方がピッタリ!で直感でそちらを採用しました。

実際に生活していかがでしょうか?

まだ住み始めたばかりですが、居心地よく感じています。
屋上があるのですが、夜、毛布を持ってそれに包まりながら星を見るというような贅沢な時間が持てるようになりました。
要望でも伝えた「皆で囲めるキッチン」はとても使いやすく友達にもとても好評です。お酒の入った棚もあり、皆に『 BAR 』のようだと言われ、実際そう呼ばれています。

以前に比べると、家に居る時間が長くなったような気がします。
実際、マンションに住んでいた時には「家は帰って寝るだけ」という感じでしたが、今は「家に帰ってきた!」という満足感があります。
使い勝手がとても良く、風もよく通ります。

さすがプロですね、よく考えられた居心地のいい家です。
一つ不満を言うとすれば、お風呂がもう少し大きかったらよかったなという事です。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

とてもありがたい存在でしたね。
建築家にお願いすることを決めたにしても、伝手があるわけではありませんでしたから。
コーディネータが私達の要望をよく理解してくれたので、私達に合う建築家に出会う事が出来ました。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家とゆっくり時間を掛けて話し、希望を伝える事が大切だと思います。私達が細かい要望をお伝えしなかった事もあり、「当然あるもの・付いているもの」と思っていたのが無かったりして、要望というのは、きちんとお伝えした方がよいのだなと思いました。

建築家の方に建てて貰ったらそれが完成ではなく、住みながら作りこんでいくという事も楽しいと思います。

建築家・林 敬一さんのインタビュー

はじめにHさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

第一印象ですが、ご主人はちょっと恐そうな感じを受けましたが、笑い方が少しはにかんでいて、きっといい人だと確信しました。奥様は元気がよくて、かわいい印象でした。
「広くて明るくて開放的で風通しのよい家が欲しい」との事でした。
また、友達がたくさん集まることが多いという事で、そのような要望と条件を上手く形に出来れば良いと思いました。

具体的にはどのような形でご要望に応えていったのですか?

敷地の後ろ側にお寺の山門があり、そこは小さな森のようになっていました。その方向に対して大きな窓を取り、明るく開放的なリビングダイニングを計画しました。友達が集まった時はみんなで料理をする事が多いというお話だったので、キッチンは大きなアイランド型のものを提案しました。
屋上デッキも計画し、夏はビアガーデンのように皆が集まる楽しい場所になればよいと思い、提案しました。

全体的に、大らかで居心地のよい家になったと思っています。

Hさんとのお打合せはいかがでしたか?

お二人ともカジュアルな雰囲気の人だったので、打合せも和やかに行われました。
基本設計は計3案を作成しましたが、いろんな意見を交し合う事でお互いの理解が深まっていったと思います。
第一印象通り、ご主人はちょっと恐そうな見かけとは裏腹に、やっぱりいい人でした。

これから建築家と家を建てる方に一言

新しい家で自分がどのように暮らしていきたいかを、きちんと伝えることが大切です。
部屋の数や広さ、床や壁などの仕上げ材料を具体的に指定するのではなく、大げさですが自分がこれからどう生きて行きたいのかというような事を伝えて下さい。

建築家はそのようなもやもやした要望を、具体的な形にしていくのが仕事です。家を建てるという事は、いろいろな面で、とても面倒臭くてしんどい作業です。
あまり煮詰まると苦痛になって大変なので、なるべく楽しみながら家をつくっていきしょう。

所在地:大阪府東大阪市
設計:林敬一建築設計事務所
施工会社:木村工務店
竣工日:2004年9月
敷地面積:125.37平米(37.92坪)
延床面積:138.08平米(41.77坪)
サービス内容
ザ・ハウスで建てた家
ユーザーレビュー
若手建築家オーディション
スタッフ紹介
ザ・ハウス公式フェイスブックに移動します ザ・ハウス公式インスタグラムに移動します