登録建築家

登録建築家

厳選された登録建築家達のご紹介

岸本 和彦

Kazuhiko Kishimoto

一級建築士(No.254497)

1968年鳥取県出身。
早稲田大学理工学術院創造理工学研究科建築学科修了。
1998年にアトリエチンク建築研究所を設立。その後、acaa建築研究所に改称。
東海大学、東京デザイナー学院非常勤講師。
趣味は読書・音楽鑑賞・ジョギング。

WORKS

家づくりの考え方

せっかく唯一無二の家を計画するのですから、出来れば「規模」や「設備」といった物差しではなく、別の価値基準を考えませんか。

雰囲気や、親子の関係、わくわくする冒険心だったりするものは、言葉ではなかなか表現出来ませんから、私が代弁者となって、その言葉にならないものを空間化していくのです。

メッセージ

一般的に、どうしても既成概念を基準にした要望が多くなりがちです。

例えば部屋の数や広さ、南向きの窓などは多ければ多いほど、いい家と思われています。
しかし、そこから脱却する勇気を持って頂ければ、我々はもっと素晴らしい住宅を設計出来ます。

それから、人のスケールを考えてみませんか?人が居る場所として、もっとも適切と思われる空間スケールをきちんと計画することと、それらが季節や時間、TPOに応じて「選び取れる」仕組みを作り上げる事が大切です。

ここで何々をします、ではなくて、何ができるだろう、といった計画。その答えは住み始めたクライアントが生活の中に発見するはずです。

最後に、子供と居ると狭い空間の必要性を強く感じる事が多いです。暗い場所もしかり。広さと狭さ、明るさと暗さがバランス良く同居した家が、子育てには必要です。