登録建築家

登録建築家

厳選された登録建築家達のご紹介

杉浦 充

Mitsuru Sugiura

一級建築士(No.306654)

1971年、千葉県出身。
多摩美術大学美術学部建築科卒。
多摩美術大学大学院修了。
株式会社ナカノコーポレーションを経て、2002年に充総合計画一級建築士事務所を設立。
京都造形芸術大学非常勤講師。
趣味は家具デザイン・旅行・ツーリング・散策・写真・音響・音楽鑑賞・楽器・水泳・
サッカー。

WORKS

家づくりの考え方

外部はその場所にふさわしい造形と耐久性を備え、内部は手放しで気持ちのいい空間を。
適度なメリハリとエッセンスを与えることで、機能的でありながら居心地の良い、流行にとらわれない建物づくりを目指しています。

住まいは料理店やブティックのように、ひとときを愉しむ場ではなく、人生という移ろい継続している時間を共有できる場でありたいと常に考えています。
移ろいゆく時間を記憶として受けとめることができる住まいは、居心地のよさを一層高め、来訪者までもが長居したくなるものです。

設計にあたってはいろいろな角度からバランスを図ります。
・自然環境と現代技術のバランス
・光、風、窓、断熱性能等、住環境のバランス
・素材や色のバランス
・近隣建物の開口部とのバランス
・町並みとのバランス
・家族間のバランス
・コストバランス
・etc・・・・・・・

住まう方から授かるインスピレーションを大切にし、自身もバランスをもった対応を心がけています。

メッセージ

一つの家ができあがってゆくときは、時代、集まる人、与えられた土地など、同じ条件がそろうことは二度とありません。私たちは突然この世に現れたのではなく「今まで」があって「今」があり「これから」に向かっています。

「我が家が一番心地いい」と思えるような、人生という時間を「記憶」として受け容れることができる唯一の住まいづくりを共に楽しみましょう。