冬が楽しみになる「どまだん」の家

2015.09.25掲載

A様(埼玉県さいたま市)

これまで暮らしていた家は寒くて暗いため、冬の光熱費はかさむばかり。

雨漏りをしている箇所を発見し、いよいよ建て替えを検討し始めたAさん。自分達にあう建築家を選ぶために、ザ・ハウスにはじめて来店されたのは2003年10月。その後もご家族で何度も足を運び検討した結果、建築家・長谷川順持さんとの家づくりがスタートしました。

Aさんご一家の印象は、おおらかで仲の良い家族、と長谷川さん。隣立したマンション、学校やコンビニの駐車場など、音や視線の問題が重なる敷地環境の中で、どう問題を解決しながら広がりのある空間を作るかがこの家のキーになりました。

完成した家で、おばあさまからいただいた言葉は長谷川さんへの何よりのプレゼントになったそうです。新しい家になってからは冬の季節が楽しみになった、というAさんに話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

築年数を経た住居に祖母、こども達3人、そして夫婦で暮らして来ましたが、とりわけ冬は寒く、暗い住居でしたので生活にかかる光熱費も相当なものでした。

雨漏りをしている箇所もあったことなどから、本格的に建て替えを考え始めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

新しい住まいを建てるならば「建築家」にお願いしようと当初から考えていました。

かなりの回数、ザ・ハウスに家族で足を運びました。

建築家・長谷川順持さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

構成員が多い家ですから、それぞれがそれぞれなりに希望を持っていたと思いますが、とにかく共通していた意見は

1.陽当たりをよくしてほしい
2.冬に温かなこと(これは切なる希望です)
3.南側に建つ大きなマンションや学校のことを考慮してほしい
4.やはり南側にある駐車場やコンビ二の駐車場のことの問題解決
5.年寄りにとっても住み良い家
6.祖母が気にしていた風水/鬼門に対する検討

などです。

実際に生活していかがでしょうか?

なにしろ一年を通じて快適です。

特に冬の「どまだんシステム」効果はすばらしいもので、寒さ知らずです。冬に家で過ごすのが楽しみになりました。

エアコンを使用しない生活の素晴しさも味わっています。

また、以前よりも大きな家になって、家の中の温度差がほとんどない環境にも関わらず高熱費が安くなったことも、とてもよいと思います。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

端的な言いかたになってしまいますが、よい建築家に出会えて感謝しています。建築家で作りたい、その思いにストレートなサービスを提供して下さいます。

何度も自由が丘に足を運んでいる中で、マッチする建築家はこの方、と見いだされる力は見事です。

これから建築家と家を建てる方に一言

できあいの住宅を購入する場合は金額がはっきりしていて、その中で自分たちの希望を押し込んでいきますが、建築家とつくる、ということは「自分の注文や夢」を最大限に重視して創ることができます。

きっとステキな家がどなたにも建てられると思います。(多少お金はかかりますけれど、、、)

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報