家族が元気に過ごせる家

2015.09.25掲載

T様(埼玉県深谷市)

オリジナルな家づくりをするためには、建築の技術や知識はもちろんのこと、生活設計のプロデューサーたり得る建築家に依頼したいとお考えだったTさんは、ご結婚を機にいよいよ家づくりを決意され、建築家との良い出会いを求めて2004年12月にザ・ハウスへといらっしゃいました。

住宅の本質は、雑誌の写真などで見えるビジュアルではなく、「住み続けること」というTさんの家づくり。

建築家・長谷川順持さんの得意とする「どまだんシステム」のお話も交えて、じっくりとお話を伺ってみました。

家を建てようと思った経緯は?

結婚したときに、これから増える家族のことを考えると、手狭なアパートで暮らし続けるのではなく、自分の家を建てたいと思うようになりました。

それは決して義務的な感覚や、家庭に対する使命感のようなことではなく。ごくごく自然な感覚でそんな風に感じました。

そのため、家づくりもそれこそ自然な感覚で始めることを決めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

かねてから、もし自分が家を建てることになったら、ぜひ自分達のイメージをしっかりと具現化してもらえるような、個性的な家づくりをしたいと思っていました。

なので、もし良い出会いがあれば建築家の方にお願いしたいということは、ぼんやりとではありますが、いつも考えていました。

建築家・長谷川順持さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

まず、土地の広さを最大限に生かして、のびのびと子育てが出来るような開放感のある家。また、家族の空気が感じられるような家ということを希望しました。

それから、冬でも家全体が自然な暖かさ、風通し、日当たりの良さ、夏の暑さ対策など、居心地の良さについても要望を伝えました。

特に妻が冷暖房があまり好きではないので、「どまだんシステム」の話にはとても感動しました。
さらに、具体的な過ごし方のイメージや、リビングから見える風景まで、とにかく色々とお願いをしました。

実際に生活していかがでしょうか?

私たちがイメージしていた、個性的でオリジナル感のある間取りが出来上がり、とても快適に生活させていただいています。

吹き抜けのある広いリビングを子供たちが元気に走りまわり、どこに居ても家族の声が聞こえる生活に、家族全員が満足し明るく元気に生活しています。

また、やはり今回語るべきは、冷暖房に頼らず子供たちを一年中「自然」な温度の中で育てられるという「どまだんシステム」ですね。

実際に生活してみると、断熱性の優れた良い造りなので夏は涼しく、冬は暖かい上、家中がほぼ同じ気温な為、本当にほとんど冷暖房を使用しなくてもいい生活にビックリしています。

また、風通しが良く天気のいい日には窓を開放し心地よい一日を楽しんでいます。

長谷川さんからはマメにご連絡をいただき、住み始めてからの細かいご相談にも乗っていただいています。
ちなみに、現在は節電を意識して太陽光発電パネル設置のアドバイスをいただいています。
こちらの要望に対して親身に相談に乗ってくださるので、とても安心出来ています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

私たちにとって建築家は「家づくり」と同時に「生活設計」のプロデューサーと思っていました。

しかし、雑誌だけでは住宅のイメージは湧いても、最終ゴールの「住み続ける」という本質やそこまでの過程がなかなか分かりません。

ザ・ハウスで建築家をご紹介いただき、色々と話をさせてもらうチャンスを頂戴し、建築家との距離を近くしていただいた結果、「オリジナル」「個性的」「希望に沿ったプラン」での家づくりを叶えることが出来て、とても嬉しく思っています。

これから建築家と家を建てる方に一言

遠慮なく希望を伝え、本当に満足のいく家を建てていただきたいです。

やはり、一生に一度のセレモニーですから・・・!

家を建てるまでの数ヶ月の計画と思いがちですが、家は一生住むものですから住み始めてからの色々なシチュエーションに対応出来るようにたくさんイメージを膨らませてほしいと思います。

ですが・・・私はあの設計図を見ている時が一番ワクワク感があり今でも忘れられない貴重な時間です。

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報