人が集うアクティブシニアの家

2015.09.25掲載

S様(埼玉県さいたま市)

坪単価89万円

ご主人を見送られた70代のSさんは、「健康を維持しながら、快適な家で老後を過ごしたい」と建て替えを検討されました。当初やり取りをしていたハウスメーカーに疑問を感じ、ザ・ハウスにご来店いただいたのは2008年11月。

依頼を受けた建築家・長谷川順持さんは、バリアフリーにつくるだけではなく、室内の温度差が生じない「どまだんシステム」を採用して身体への負担を軽減しつつ、Sさんが快適に、かつアクティブに生活できる「回遊住居」を提案しました。

近くに住むご家族やご友人が集まる「コミュニティのような住宅」で過ごすSさんはどのように住まいを楽しんでいらっしゃるのでしょうか。お聞きしてみましょう。

家を建てようと思った経緯は?

夫を亡くして一人になり、この先の老後の人生を考えたとき、「年々衰える体を鍛えながら(維持しながら)暮らしやすい家に住みたい」と思いました。

幸い、子供たちの後押しと協力があり、具体的に家づくりを進めることができました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

当初は建築家に依頼することに対して「高価」、「面倒くさい」、「建築家を選ぶ(探す)のが難しい」等の先入観があり、ハウスメーカーに依頼しました。

ハウスメーカーと約1年の月日をかけて、設計や価格等の商談を重ねましたが「要望がすべて組み込まれているのが本当に住みやすい家なのだろうか」と疑問を持つようになりました。

予算をオーバーしていたこともあり「それならば建築家に依頼することもできるのではないか」と考え、結局、最後の詰めの段階でご破算となりました。

建築家・長谷川順持さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

「希望やイメージなど何でも言ってください」と長谷川さんにおっしゃっていただいたので、実現性のアリ、ナシに関わらず、いろんなことを楽しく話をしながら伝えられたと思います。

具体的な要望としては
・バリアフリーを考慮した家。
・今の家では北側が閉じられているので、開口を取って明るく開放的な家。
・夏涼しい家など。

あとは自分の日々の暮らし方や、子供や孫や友人たちが遊びにやって来ることも伝えて「多目的な使い方ができる家にしたい」ことをお願いしました。

実際に生活していかがでしょうか?

実際に暮らして3年が過ぎました。不思議なくらいにすべての希望が叶っていて、快適な暮らしに満足しています。 「開放的に」という希望があったせいか、とても自由で柔軟性があり、生活しやすいです。

外から眺めてうっとりし、ソファに座ってうっとりしながら、建築家ならではのデザインや空間づくりの素晴らしさに想像以上の喜びを感じています。

日ごとに家に対しての愛着が深くなり、関わってくださった皆様に感謝の毎日です。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家を選ぶ不安を解消できましたし、とても便利なシステムだと思います。無料で信頼できる一流の建築家を紹介していただきました。

いろんなタイプの建築家が登録されているし、それぞれの作品集も見せてもらい、建築家を選ぶポイントについてもアドバイスしてもらえたのが良かったです。

何度でも面談ができて、納得するまでお世話をしてくださり、ザ・ハウスにも感謝の気持ちでいっぱいです。

これから建築家と家を建てる方に一言

まず「人」として付き合いのできること。相性の良いコミュニケーションの取りやすい建築家を探すことが大切ではないでしょうか。 結果、工事中も楽しく仕事が進められますし、完成後も相談できる間柄を保つことができると思います。

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報