自然の風や光とともに暮らす家

2016.06.15掲載

S様(東京都)

運命的な土地との出会いから、建築家と家づくりをはじめたSさん。建築家に出会う前までは気が進まなかったスキップフロアも、「住み始めてから気付くメリットがたくさんありました」と語るSさんにお話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

結婚を機に通勤の便等を考え、エリアを絞り込んで土地探しを開始しました。相場よりもかなり安価な土地を見つけ、この土地で本格的に建築を検討してみようと思ったのが家づくりのきっかけとなりました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

立地条件や土地の形状などを考えると、ハウスメーカーでは希望する家が建てられるか疑問でしたので、当初から建築家に依頼するつもりでした。

建築家・並木さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

「白と木を基調とし、空調を使用しなくとも自然の風や光で快適に暮らせる家」といった様な内容でした。

実際に生活していかがでしょうか?

主にリビングとダイニングで時間を過ごしています。当初反対していたスキップフロアもいざ住み始めてみると、2階から中2階、3階の間に風がよく通って快適です。家族の気配も分かりますし、視界が抜けるのでとても広く感じます。

また、デッドスペースを活用した収納室を設けたことで、モノが室内に散らかることなくすっきりしているので掃除も楽です。これから初めての夏を迎えるので、空調無しでどこまで過ごせるか期待しています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

様々な建築家がいる中で、作品のテイストだけでなく、人となりを教えてもらえたのは良かったと思います。私たちが望んだ建築家は要望をよく反映してくれ、それだけでなく更にプラスαの提案をしてくれる方でした。ザ・ハウスから紹介された他の建築家も希望にあった建築家の方でしたので、利用してよかったと思いました。

これから建築家と家を建てる方に一言

遠慮せずに自分たちの希望を伝えることが大事だと思います。それが自分たちでは思い掛けない形となってプランに反映されていきます。

長い家づくりの中では必ずしも楽しみだけではなく、多少トラブルも起こりますが、竣工して快適に暮らしている今となれば、どれもよい思い出となっています。

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報