環境に左右されない解放感がある家

2017.01.10掲載

K様(神奈川県相模原市)

都市圏ながらも緑が残る環境での家づくり。一方で、将来的には周辺環境が変わる可能性もあるため、環境に左右されずに採光やプライバシーを確保するのが大きなテーマとなりました。解放感のある明るいリビングを中心に、いつも家族の気配が感じられる家に大満足のKさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

住んでいた会社の社宅には「10年間まで」という制限があったため、いずれは引っ越しをしなければなりませんでした。それなら、長男が小学校に入学するまでに引っ越しをしようと考えていました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

最初は住宅展示場に行ったり、大手ハウスメーカーの話を聞いたりしましたが、あまり自分たちにしっくりくるものがなかったため、建築家という選択肢も視野に入れて考えるようになりました。

実家の敷地が広く、私が小学生の頃から住んでいた家のほかに、祖父母が住んでいた家があり、両親は祖父母が住んでいた家をリフォームして住んでいました。

いずれは私も実家に戻ることが決まっていたので、私が小学校の頃から住んでいた家を「リフォームする」か「建て替える」、そして「敷地内の空地に新築する」という3つの選択肢を考えていました。

建築家・納谷学・新さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

変形している敷地をうまく利用してもらいたいという要望を伝え、その他はほとんどお任せしました。

実際に生活していかがでしょうか?

室内にいても、窮屈さを感じません。圧倒的な解放感があります。また、家族が常に繋がっている感があり、安心できます。プライバシー面にも配慮していただいたので、近隣や両親の住む実家からも、お互いの視線がぶつからない工夫がなされています。

一日中太陽の光を取り込める設計になっているので、夏場などは夜の7時頃まで電気を付けなくても家の中が十分に明るいことに驚きました。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家を探すにあたり、自分たちだけではどうしたらいいか分からなかったのですが、ザ・ハウスでは数多くの中から厳選された建築家が登録されていることを知り、安心して自分たちにあった建築家に出会うことができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

家づくりを進める中では、色々と大変なことがあると思います。できるだけ時間をかけて建てられるように、余裕をもって家づくりに取り組んでいくことが大事だと思います。また、自ら家について勉強すれば、よりいい家が建てられると思います。

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報