年輪を重ねる家

2017.04.17掲載

T様(千葉県流山市)

新築

仕事の異動がきっかけで本格的に家づくりをはじめたTさん。年を経て古くなる家ではなく、年輪を重ねることができる上質な空間を求めて、建築家との家づくりを思い立ちます。家づくりに積極的に関わり、建築家と多くの時間とイメージを共有して完成したTさんのお住まいについて伺います。

家を建てようと思った経緯は?

転勤で10年以上仙台に住んでいました。会社の家賃補助があり賃貸マンションに暮らしていましたが、いつかは戸建てをと思い、仙台でも住宅展示場に行ったり建売住宅を見に行ったりしていました。東京に異動が決まったこと、上の子が中学生になるタイミングを入居目標にして本格的に検討を始めました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

当初は住宅展示場に見学に行ったり、建売住宅、中古物件のリフォーム等様々な選択肢を考えました。しかし、「これは」と思う物件に巡り合えませんでした。一生に一度の大イベントを楽しむには、建築家にお願いし、自分が建てたい家を建てるのが良いのではと思い、建築家にお願いすることにしました。

建築家・直井克敏・徳子さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

新しいだけの家ではなく、質感のある上質な空間に住みたいとお伝えしました。リビングやダイニングだけでなく、薄暗くなりがちな玄関や階段にも陽が入るようにお願いしました。限られた予算の中で、1階のパブリックスペースを優先的に考えた予算配分をしていただきました。おかげで大谷石をリビングの一部に使うなど、質感のある素材を取り入れることができました。また、庭の緑がどこからでも見られる工夫もお願いしました。

実際に生活していかがでしょうか?

お願いした通りの明るい家になりました。窓が大きくとってあるので冬でも暖かく、真冬でも床暖房だけで充分に過ごせます。庭と室内に大谷石を使っていただいたことで、内と外のつながりのある空間になりました。また、リビングのアクセントにグレーの壁紙を使ったことで空間が引き締まり、希望通りのデザイン性に優れた上質な空間になりました。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

一生に一度の大イベントは失敗する訳にはいきませんが、日本全国の数ある建築家の中で誰を選べばよいのか、なかなか判断がつきません。一定以上のレベルと信用がある方の建築例を見ることができるので、安心してお願いすることができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

家づくりは何度も経験できることではありません。部材一つ一つを選んでいくことを楽しいと感じることができるのであれば、楽しみながら建築家と一緒に作り上げてみるのもいいと思います。他にはない世界に一軒の我が家を手に入れることができます。積極的に関与してできた我が家は、愛着もひとしおです。年を経て古くなる家ではなく、年輪を重ねる家を持つことができます。凝り性な方にはぜひお勧めです。

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、 その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。

目的別に探す

最新の記事
ザ・ハウスマッチング実績
メディア掲載情報