ザ・ハウスで建てた家
驚きと感動に満たされた家。
東京都目黒区S邸 設計監理:杉浦 充

お子様の成長とともに戸建て住宅を考えるようになったSさん。建築家との信頼関係を築くことで、たくさんの要望の中から自分たちにとって最適な取捨選択ができたと言います。20坪の旗竿敷地とは思えない明るく豊かな空間が生まれたSさんの家づくりについて伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

以前は3LDKのマンションに住んでいましたが、二人の子供が成長して窮屈になったこと、収納スペース不足でモノが溢れかえり収拾がつかなくなってきたことから住み替えを意識しました。将来的に妻の親との同居の可能性もあることから、より広いマンションではなく、同居となっても対応できる、ゆとりある戸建て住宅を志向するようになりました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

狭小地に限られた予算で欲張りな要望を叶えようとしたらハウスメーカーでは先ず無理。設計にコストをかけても満足できる世界に一つしかない我が家を建てたかったので、早い段階からごくごく自然に建築家にお願いしようと考えていました。

建築家・杉浦 充さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

先ずは予算でした。プランや意匠について多くの希望を伝えましたが、程よく取捨選択していただきました。具体的にはスキップフロア、二つの子供部屋とキッズリビング、タイル張りのダイニングキッチンフロアなどです。最初の依頼から設計が固まるまで、私の都合で中断していた間に工事費・材料費の相場が上昇したりして、最終的には当初の予算をオーバーしたものの、住宅性能や内外装ともに殆どの希望は叶えていただきました。

実際に生活していかがでしょうか?

一つ一つ、細部にわたりこだわって建ててもらった家なので、内外装あちこちを違った角度から眺めては色んな発見をして楽しんでいます。狭小地でも広々と明るいスペースを確保するための工夫を凝らして貰いましたが、その効果は想像以上のもので、引き渡しの時にはとても感動しました。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

杉浦さんとひきあわせていただいて感謝しています。この出会いが家作り成功の最大のポイントだったでしょう。世に建築家は数多くいらっしゃるでしょうが、年代、センス、作風など、自分と相性のいい建築家と簡単には出会えないと思います。ヒアリングを通してマッチングの提案をしてくれるサービスはとても有用だったと思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家の方とまっすぐ向き合えるかどうか、それによって家作りの「楽しさ」や「大変さ」はがらっと変わることでしょう。譲れないことをきちんと話し合える関係性、任せるところは全面的に委ねられるだけの信頼感。感性や人間性などに共感・好感が持てる建築家の方に依頼なさることをお薦めします。

建設地:
東京都目黒区
竣工日:
2017年6月
設 計:
杉浦 充
施工会社:
江中建設株式会社
構 造:
木造
敷地面積:
66.87平米(20.2坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
桧川泰治