ザ・ハウスで建てた家
ずっと居たい、と思う家。
東京都小平市I邸 設計監理:岡村 泰之

実家の老朽化を機に2世帯住宅の計画をスタートしたIさん。実家ではいつも世代の近い親戚が集まっては楽しい時間を過ごしていたので、新居でもみんなが集まり、大人も子供も楽しめる家が希望でした。さてどんな家ができたのでしょうか。Iさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

築40年の実家に両親が住んでいましたが、隙間風が入ったり、クーラーの効きが悪かったりと、年々気になるところが増えてきました。実家を建替え、二世帯で生活をすることになったので、両親が元気なうちに少しでも早く快適な環境で過ごさせてあげたいと思い、建て直すことにしました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

以前は建売の戸建てでしたが、今回建て直すにあたり、オリジナリティーのある自分たち仕様のおしゃれな家にしたい、せっかく建てるなら世界でひとつの我が家にしたいと思いました。「それなら建築家に頼んでみるのがいいんじゃないか?」と親戚に薦められ、以前に相談に行ったことがあるというザ・ハウスを教えてもらい、足を運ぶことにしました。

建築家・岡村泰之さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

親戚には同じ年頃の子も多いので、よく集まっては食事会をしたり、泊まりに来たりしていました。また、それぞれが魚をさばいたり燻製を作ったりと料理をすることが好きなので、大勢で飲みながらわいわいと作業ができるキッチンスペースが欲しいとお願いしました。

また、子供たちが大きくなっても部屋にこもるのではなく、同じ空間にそれぞれの居場所があり、気配が感じられるリビングにしたい、でもプライバシーは最低限守りたい、と相対するようなお願いもしました。あとは、我が家は物が多いので、収納はできるだけ多くしたいとお話しました。

実際に生活していかがでしょうか?

とても明るく気持ちのいい空間で、雨の日も晴れの日も家にいたくなる、そんな家です。リビングにいると、朝の光がサンサンとふりそそぎ、夜は月や星空が見えます。

キッチンは広く作業がしやすいので、さらに料理をするようになりました。パンを焼くのが日課になり、パンのいい香りで目覚めます。大人だけではなく、子供たちもケーキやクッキーを作ったり、料理やお手伝いをするようになりました。

中庭が見えるお風呂は開放感があり、雪景色、雨の音、太陽の光といった日常の景色とともに心身をリラックスさせてくれます。

2階の廊下には、以前の岡村さんの作品を見た瞬間に気に入ってしまったテーブルを作っていただきました。そこでは外を眺めながら子供たちが本を読んだり、大人はお酒を飲んだりと、ゆったりした時間を過ごすことができお気に入りの場所になっています。時間の流れを忘れ、外の喧騒からも離れ、ずっと家にいたいと思える自慢の我が家です。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家と家を建てたいと思っても、何をどのようにやっていけばいいのかまったく分かりませんでした。

親戚が自分の家を建てる時にザ・ハウスを訪れて好印象を持っていたこともあり、まずはザ・ハウスで話を聞いてみようとお邪魔しました。担当の方にはこちらの話をじっくり聞いていただき、家づくりについて初歩的なことから教えていただきました。

我が家に合った建築家を選ぶ際にも色々アドバイスをいただき、岡村さんの人柄を含めて説明して下さいました。ザ・ハウスでは、自分たちが選んだ建築家について、人柄や作品等、細かく情報を提供していただけたのでとても参考になりました。また建築家とこちらとの連絡も密に取っていただけました。心配なことや気になることは事前に相談できたので、納得して迷うことなく岡村さんにお願いすることができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

家づくりに関して漠然とした希望しかなかったのですが、岡村さんは打ち合わせの中で色々提案してくださいました。我が家の場合は7通りの家を提案していただき、最終的に決めるのに、家族会議を何度も繰り返しました。こういう経験は、建築家にお願いした家づくりでしか味わえません。些細な希望(間取り、予算等)でもいいと思うので、色々お話して建築家と意見を交換するといいと思います。

建て替えるまで一年半かかりましたが、今思えばあっという間でしたし、建築についてすごく勉強になった貴重な時間でした。金銭面や土地等諸事情は多様ですが、「建築家に家を建ててもらいたい」と少しでも思っている方は、ザ・ハウスに足を運んでお話を聞いてみることをお勧めします!

建設地:
東京都小平市
竣工日:
2017年3月
設 計:
岡村 泰之
施工会社:
株式会社山菱工務店
構 造:
木造
敷地面積:
147.96平米(44.8坪)
生活スタイル:
二世帯住宅
撮 影:
吉田みちほ