ザ・ハウスで建てた家
プロの発想が詰まった家。
栃木県芳賀郡K邸 設計監理:石川 淳

計画途中で土地の変更を余儀なくされ、お住まいの完成までに実に3年余りを費やしたKさん。デザイン性も機能性も想像以上の家に大満足のKさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

結婚してしばらくは賃貸アパートで暮らしていたのですが、何年か経って土地・資金の目途が立ったことから、家づくりの検討を始めました。田舎なので、最初から戸建て一軒家だけを考えていました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

建築雑誌や書籍で見るような、シンプルかつデザイン性の高い家にずっと憧れてはいたのですが、依頼先を建築家に限定するつもりはありませんでした。むしろ建築家さんにお願いするにはなんの当てもない状態で、まずは近隣の工務店、ハウスメーカーの見学会などに参加していました。

業者さんによっては無料で間取りやプランの作成をしてくださったのですが、希望を伝えても憧れのイメージにはいまひとつ届かず、そこでようやく建築家への依頼を意識し始めました。

建築家・石川 淳さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

もともと石川さんの作風がとても好みでしたので、それをそのまま出していただければと考えていました。

「シンプルでありながら、自分たちでは思いもよらないプロならではの発想が詰まった家」がいいと考えて、大まかなところはお任せし、スタジオ(防音室)を作りたいこと、作り付けの本棚や夫婦それぞれに書斎的なスペースを設けたいことなど、細かな希望をたくさん出したと思います。

限られた予算の中で、希望を叶えつついかにコストを抑えるかというところでも、かなり知恵を絞ってくださいました。

実際に生活していかがでしょうか?

壁の角度や光の入り方など、室内のどこを切り取っても絵になる作りで、初めて来た方はとにかく驚かれます。しかしながら生活のしやすさは損なわれておらず、むしろ自分たちの暮らしに合っていると感じます。

中心に大きな吹き抜けのある開放的な間取りなので、実際よりも広く感じられますし、家のどこにいても呼べば声が届くところも気に入っています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

作品だけであればウェブサイトや雑誌で拝見することもできますが、それ以上の手掛かりがない中で建築家の事務所を直接訪ねて回るのはとても勇気と手間のいることで、つい自分たちには縁のないものとあきらめてしまいがちです。

そんな中で、ザ・ハウスはとても心強い味方でした。万が一合わなくても代わりにお断りしていただけるという安心感がありましたし、私たちの好きな雰囲気や建築家さんのお人柄、スタンスなどを含めた相性を一緒に考えていただけたので、依頼先に求める希望が自分たちの中でもクリアになりました。

そのプロセスを経てお会いした石川さんには、すぐに「ぜひこの方にお願いしたい」という気持ちになりました。

これから建築家と家を建てる方に一言

必要な設備や間取りの希望がはっきりしていて、それを工務店さんに全部伝えられるなら思い通りの家になるのかもしれません。それでも細部の仕様、全体のバランスなどを「美しい」と感じられるレベルに仕上げてくださるのは、やはりプロの建築家ならではの仕事だと思います。

実際にお願いしてみて、「思ったとおりのものではなく、思っていた以上のもの、わくわくするものを提供してくださるのが建築家なんだ」と感じられたので、やはりお願いしてよかったです。

建設地:
栃木県芳賀郡
竣工日:
2017年8月
設 計:
石川 淳
施工会社:
株式会社栃木建築社
構 造:
木造
敷地面積:
427.18平米(129.2坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
上田 宏