ザ・ハウスで建てた家

ミニマリズムから生まれる美しさ。

2019.10.27 掲載
2016年12月ご来店S様(東京都)

2人目のお子様ご出産を機に家づくりを考え始めたSさん。建築家・石井秀樹さんに伝えたご希望は、物理的なことよりも日々の生活の中で心が豊かになるヒントばかりでした。「全体とディテール、どちらにも惚れ込める要素がこの家にはあります」と語るSさんにお話を伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

二人目の子供の出産を機に、手狭になった賃貸マンションからの引越しを考えはじめました。土地探しに1年以上を費やしましたが、おかげで良い土地と巡り合うことができ、思いが具体的になっていきました。今の土地に巡り合っていなかったら、未だに賃貸マンション暮らしをしていたかもしれません。そのくらい立地、周辺環境を含め、子育てしていく上でベストの土地に巡り合えたと思っています。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

当初から間取りの希望イメージがあったので、ハウスメーカー含め、実現するためのいろいろな選択肢を検討しました。そして、僕らの思いをしっかり形にしてくれるのは建築家に依頼するしかない、という判断になりました。

建築家・石井秀樹さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

家族の存在を近くに感じられる空間。リビングテラスを設け、開放感があり、1日を通してまた四季を通して光を楽しめること。家事の負担を軽減させるための家事動線を究めること。

実際に生活していかがでしょうか?

まずは石井建築の醍醐味として収まりの良さ、ミニマリズムから生まれる美しさが素晴らしいです。

隣接した住宅がありながらも開放感があります。季節によって差し込む光が壁を照らすことで生まれる明暗のある空間、その景色を日々楽しむことで気持ちが豊かになります。

全体とディテール、どちらにも惚れ込める要素があり、毎日見ていても見飽きることなく、暮らし始めて半年たった今でも発見する素敵さがあります。

家事動線に関しては設計段階からかなり手応えがあって、実際に生活していて格段に楽になったと実感しています。子供たちもリビングから連なるテラスで水遊びをしたり、植物に水やりをしたり、駆け回ったり日々楽しそうに健やかに過ごしています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

リサーチしていた建築家やそれ以外の提案いただいた建築家のポートフォリオを拝見し、初めて経験する家づくりの全体像を示していただけました。建築家の方と事前面談できることは何よりもありがたかったです。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家のポートフォリオの好みがベースとしてはありますが、もし自分に設計プランの思いがあるなら、クライアントワークと作品性、このバランス感覚を持っている方にお願いするのが良いと思います。

今の家を心からいいなと思えることができるのは、設計から着工、竣工までの道のりを粘り強く一緒に歩んでくれた石井さんはじめ石井秀樹建築事務所スタッフのおかげだと思っています。

ギャラリー

データ

建設地:
東京都
竣工日:
2019年2月
設 計:
石井 秀樹
施工会社:
株式会社オアシス巧房
構 造:
木造
敷地面積:
116.67平米(35.3坪)
施工床面積:
119.74平米(36.2坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
K.Torimura