ザ・ハウスで建てた家

家族との一体感を感じられる上質な空間。

2020.7.27 掲載
2017年10月ご来店T様(神奈川県横浜市)

新築を購入直後の海外赴任。帰国後のご家族との生活を考え、改めて住まいを建てようと相談に来られました。建築家との二人三脚で、どこにいても家族の気配が感じられる居心地のいい空間が実現しました、とおっしゃるTさんにお話しを伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

2010年に一部オーダー可能な新築住宅を購入しましたが、購入後まもなく海外駐在となりました。
帰国後の家族の生活をイメージした時に「より理想に近いエリアで家族のこだわりをふんだんに盛り込んだ家を建てたい」という思いが強くなりました。
幸い駐在期間中に望んでいたエリアに理想的な土地が売り出されたため、購入を即決し、その後夫婦で建物の検討を開始しました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

土地購入のための住宅ローンを組む際に、あるハウスメーカーを想定し、ローン額算定に同社の見積りを使いました。その後、家づくりの情報収集をする中で、建築家にお願いした場合でも、必ずしもコスト高にならないということを知り、ザ・ハウスに相談に伺いました。

建築家・田井勝馬さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

田井さんからは、設計開始前に家族全員の要望、趣味、生い立ち等について情報提供の依頼をいただきました。それを受け、以下の通り要望を伝えました。

ソフト面では以下のようなキーワードをお伝えしました。
家族の一体感、自然光、安心、静寂、眺望、ぬくもり、重厚感、上質感、飽きない家

ハード面では以下のような具体的要望をお伝えしました。
・玄関:5m以上の長いアプローチ(奥行き感、迫力)
・浴室:4~6畳の広い浴室
・リビング:高い木の天井、テラスとの一体感
・家事スペース兼パントリーの設置
・絵画、オブジェ等の展示を考慮したインテリア配置
・食器等を見せる収納
・WIC:4畳以上

実際に生活していかがでしょうか?

土地形状・広さ、建築条件等による制約が多い中、私たちの要望が最大限反映されて、全く不満、後悔のない家を建てていただきき、心から感謝しております。

特に私たちが重視した「家族の一体感」については、巧みな居室・スペースの配置、吹き抜けの活用等によって、リビング、テラス、子供室、浴室、エントランスなどどこにいても家族を感じられる一方で、家族それぞれのプライベート空間も見事に確保いただき、期待を大きく上回る居住空間を実現いただきました。

また、夫婦で惚れ込んだ田井さんの建築でしたが、予算と合わないのではとの不安がありました。しかし、限られた予算の中で、品質、機能性もさることながら、田井さんらしい「重厚感、上質感」のある家を建てていただき、とても感激しています。

住み始めて約1年が経ちましたが、家族と家にいる時間が最も贅沢な時間になり、週末もリビングと繋がったテラスでゆっくり食事をとったり、希望したテラス付きの広めの浴室で子供たちと長湯をしたりすることが、至福のひとときになっています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

海外駐在中の一時帰国の際にご相談に上がりました。そのため、限られた時間で、建築家を決定する必要がありました。私たちのスケジュールを勘案の上、効率よく複数の建築家との面談をアレンジいただきました。最終的には、ぜひとも設計をお願いしたいと考えていた田井さんとの契約ができ、大変感謝しております。

これから建築家と家を建てる方に一言

家を建てる際には様々な制約条件が伴うと思います。しかし、建築家との二人三脚で様々な難題を乗り越え、期待以上の家が建った時の感動は何ものにも代えられません。

建築家と建てる家は時間も手間もかかりますが、建築家選びから設計、施工段階での建築家や工務店の方とのコミュニケーション、現場訪問、素材選びに至るまで、全てが胸躍る経験で、人生のハイライトの一つになる期間だったと感じています。一生に何度とない貴重な家づくりの時間をぜひ楽しんでください!

ギャラリー

データ

建設地:
神奈川県横浜市
竣工日:
2019年7月
設 計:
田井 勝馬
施工会社:
株式会社ベルクハウス
構 造:
木造
敷地面積:
206.17平米(62.4坪)
施工床面積:
164.86平米(49.9坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
撮 影:
Seiichi Ohsawa