ザ・ハウスで建てた家

居場所を楽しむ繋がりのある家。

2020.9.28 掲載
2017年10月ご来店M様(千葉県松戸市)
坪単価 93万円

ずっと建築家の家が好きだったご主人。夢の実現のために様々な準備をしてきました。建築家の岸本和彦さんにすべてを任せ、完成した住まいは、あらゆるところに「居場所」があるとおっしゃるMさんに家づくりについてお話しを伺いました。

家を建てようと思った経緯は?

元々建築家の家が好きで、いつかは家を買うのではなく建てるのが夢でした。

家を建てるにあたって、最も背中を押してくれたのが子供の存在です。

子宝に恵まれスクスクと育っていく中で、もっと気兼ねなく室内でも外でも遊べたら、そして何より帰ってこられる場所、実家という拠点を早めにつくってあげたいという想いが強くなり、家を建てようと決意しました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

建築家に建ててもらうというのが憧れでしたが、勝手なイメージで予算内では無理だろうと、半ば諦めておりました。
しかも妻が元々マンション派で、そこから考えをすり合わせていく必要がありました。

一生に一度のマイホーム。妻と話を重ね、戸建ても選択肢に入れ、建売住宅、ハウスメーカー注文住宅、建築家など、テーブルに上げるためにそれぞれの話を聞きに行きました。

結局自分の中では、予算さえ何とかなれば建築家という答えを持っていたのだと思います。ただ建築家の情報が全然なく、予算が合わなければ話すら聞いてもらえないのではないか、そもそも人となりも全くわからないなど、二の足を踏んでいたところ、ザ・ハウスの存在を知りました。

ザ・ハウスに初訪するまでに調べてきた建築家の中で、特に岸本さんの手掛ける建築が好きでした。けれども予算オーバーするだろうと勝手に思い込んでおりましたので、担当の方にあえてフラットに予算ベースで10名ほどピックアップしていただきました。
その10名には気になっている岸本さんが入っていませんでした。残念に思いましたが、せっかく来たのでダメもとで聞いて見たところ、「あ!確かに行けるかもしれないですね」と返答をいただいた時はすごく嬉しかったことを記憶しております。
コスト管理能力や、施工監理能力、さらに住宅への想いの強さや人となりも聞くことが出来て、すぐに話を聞かせて欲しいとリクエストしました。
岸本さんと実際にお会いして、直観として惹かれるものがあったので迷うことなくお願いしました。

建築家・岸本 和彦さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

過去に手掛けられた住宅すべてが土地と施主家族に合わせた家とわかるものばかりでしたので、信じてお任せし、「この土地に最高の家を建てて欲しい」とお伝えしました。
唯一、外壁は焼き杉が好きなこと、奥の間と南の間の家具を制作してほしいことはお伝えしました。

実際に生活していかがでしょうか?

岸本さんの建築のコンセプトである「居場所」を毎日楽しんでおります。
我が家には、扉はトイレとお風呂と物置にしかありませんが、家族の気配を感じながらいい距離感があり、そしてあらゆるところに居場所があります。ここにもあっちにも、こんなところにも居場所がある、そしてそこから見える景色が素晴らしい。

そんな発見が毎日のようにあります。夜になるとライトにより陰影も相まって、また違った見え方になり、落ち着く空間になります。

さらに岸本さんの真骨頂であるキッチンは最高です。こじんまりして適度な広さ。すべてが計算し尽くされた距離感で妻が料理しやすいと大喜びで、本当に楽しそうに料理しています。

そして極め付けは、家の前を通った見知らぬ少女がお母さんに「私この家好き!」と言っていた話が聞こえてきたこともあり、もう自慢の家でしかありません。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建築家にお願いするというのは本当にハードルが高かったですし、この建築家と1年2年かかるマイホームプロジェクトをストレスなくやり切れるのかというのは、自分だけだとわからないです。
しかしザ・ハウスでは予算もある程度目安がわかるだけでなく、その建築家の人間性やコスト管理能力までも知ることが出来て、本当に素晴らしいと感じます。

さらに色々聞いていると本当に、建築家の方とは適宜コミュニケーションをとっていらっしゃるのだろうなということが伺い知れたので、安心感を持って進めることが出来ました。
たまに知人友人にもいいサービスだと宣伝しています。

これから建築家と家を建てる方に一言

迷っているならザ・ハウスへいってください!と心から思います。そしてぜひ自分に合う建築家を探すことをお勧めします。

設計料が高いという人がいますが、ものは考えようです。
例えば大手ハウスメーカーでも、見えない経費が、建築家の設計料以上に乗っています。
何にお金を投下するのか?ハウスメーカーの営業マンやモデルルーム建築費用へもお金を払いたいのか、住宅そのものと、それに真摯に向き合う建築家に思いを込めてお金を払うのか。
どちらが本質的か?ただ本質と向き合えばいいのだと思います。

さらに建築家の家は生きる本質に近づけるように感じます。
目まぐるしく変化する世の中に巻き込まれている自分がふと、手作りの階段手すりやベンチに触れた時に、生活を営む人間らしさに立ち返れるような気がします。


心の平穏を与えてくれる家に住むことは本質的な幸せを手に入れることじゃないかと思います。

ギャラリー

データ

建設地:
千葉県松戸市
竣工日:
2019年10月
設 計:
岸本 和彦
施工会社:
株式会社野田ハウス
構 造:
混構造
敷地面積:
141.99平米(43坪)
施工床面積:
103平米(31.2坪)
生活スタイル:
単世帯住宅
本体価格:
2,900万円(坪単価/93万円)
撮 影:
上田 宏

本体価格

総工事費(税別)から、それぞれの敷地や建主の事情によって変動する解体工事、仮設工事、杭・地盤改良工事、引込工事、外構工事、冷暖房・空調工事、その他建物本体に固定されていないものの工事を除いた金額。実際にかかる費用よりも坪当たり10~30万円ほど安く見積もられます。