お気軽にお問合せください
ザ・ハウスで建てた家
私に、しっくり馴染む家。
神奈川県横浜市K邸 設計監理:西久保 毅人
築家との家づくりを一度はあきらめたものの、やはり他の方法では満足できないと確信したKさん。覚悟を決めて建築家選びを再スタートします。そして依頼を決めた建築家・西久保さんとの数々のやり取りがひとつに重なり、Kさんと西久保さんならではの居心地のいい居場所が生まれました。「本当に私たちらしい家ができた」とおっしゃるKさんにお話を伺います。

家を建てようと思った経緯は?

子供の頃から家を建てることが夢でした。
自営業をしている両親と実家で一緒に暮らしていましたが、ハウスメーカーの都合が優先された規格化住宅だったため、不自由はないものの独創性もありませんでした。また、自宅と仕事場が隣でストレスを溜めていた家族の望みもあり、新たに土地を探して家を建てることを検討しました。

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

最初は建築家一本で考えていたのですが、坪単価を聞いて建築家との家づくりを一度はあきらめました。その後はハウスメーカーや工務店も検討したのですが、結局思いは届かず、やはり自分たちらしい家を作れるのは建築家だと覚悟を決め、建築家を探すことにしました。

建築家・西久保毅人さんにはどんなご希望を伝えたのですか?

西久保さんと家づくりをする時に建て主が作る「つぼノート」。ここには今まで溜めていた建築雑誌の切り抜きを貼りまくりました。失礼な話だと思うのですが、他の建築家名を出して「〇〇さんのような家をお願いします」と言ったこともあります。「ズドンとしたリビング」「木製サッシ」「水平ビシッ」など、暮らし方というよりも、設え(しつらえ)を要望として出しました。妻は「住んでいて楽しい家。スキップフロアのある家」を希望しました。

実際に生活していかがでしょうか?

大満足です!
打合せを重ねるごとに、当初想定していた家の形からはだいぶ変わりましたが、ドアのない子供部屋、丸く区切られたパントリーや‘こもり部屋’など、こんなにも私たちにしっくりくる解決法があったのかと驚いています。家が完成し、実際に住み始めた今、本当に私たちらしい家ができたことを実感しています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

多くの建築家の方と面談させていただきました。それぞれの方の性格や考え方を教えていただきながら、じっくり検討できたのでとても助かりました。また、ザ・ハウスさんには、家づくりの考え方や進め方、これから家を建てていく中で出てくるだろう問題などについて丁寧に教えてもらったので、我が家の「家を建てる」という一大事業を乗り切ることができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

建築家を決めるのは結婚相手を決めるようなもの、だと思います。

良い時はすごく順調に進みますが、考えや価値観の違いが出た時にはまさにそれを痛感すると思います。「お金を出す方」と「依頼された方」という単純な関係ではなく、同じ目的に向かって最適解を目指していくという、共同作業的な感覚で臨むことが大事だと思います。

また、これだけ言ったからきっと分かっているはずとは思わず、気になることはどんどん口を出すことも大事だと思います。ただし、その時は相手が妻とか夫だという感覚で!自分の感覚を上手く言葉にできない時は、それも伝える。とにかくコミュニケーションを大切にしてください。

所在地:神奈川県横浜市K邸
設計:ニコ設計室
施工会社:石和建設
竣工日:2017年12月
敷地面積:150平米(45.37坪)
延床面積:116平米(35.09坪)